?#madebygoogle https://t.co/60806WGMGp, まずは上のTwitterの動画をご覧ください。スマホを触らずに操作できる「Motion Sense」機能の具体的なイメージがお分かりいただけたかと思います。, スマホにSoliレーダーを搭載し、手の動きを認識。液晶に触れずともスマホを操作できる機能となっています。料理で手が濡れている時にスマホを操作したい時などに重宝することでしょう。, しかし、日本の電波法の関係上、使用できるのは残念ながら来春以降になります。レーダーそのものが法律に抵触してしまうとのこと。, Androidスマホではありませんが、ハイスペックスマホの1つとして検討したいのがiPhone 11 Pro/11 Pro Maxです。, 毎年新作が発売されているiPhoneですが、どこが変わったのかわからない方もいるでしょう。, 変わったのは、CPUの処理性能とFace ID(顔認証)の精度・速度です。iPhone XS/XS Maxに搭載されていたA12と比較し、最大20%高速化、最大30~40%の省電力化を実現しました。, 日常的にその性能を感じることができるのが、Face IDと呼ばれる顔認証システムです。マスクやメガネをかけていると認識されづらいというデメリットがありましたが、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxはそこを見事解決しています。, 他にもFace ID搭載スマホは数多くありますが、認証精度と実用性という点では右に出るものはいません。, iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの優れている点は、他の追随を許さないカメラ性能です。iPhone XS/XS Maxまではデュアルカメラでしたが、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxからはトリプルカメラを搭載しています。, トリプルカメラ自体はそこまで珍しくありませんが、他のAndroidスマホと比べても抜群の性能です。, 例えば、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxのカメラ機能の1つに、「ポートレートモード」があります。これは写真を撮った後に背景をボカし、一眼レフで撮ったような味のある写真にできる機能です。, iPhone 11 Pro/11 Pro Maxのトリプルカメラ性能は、こちらの記事で詳しく解説しています。, 4万円以上8万円未満を目安に、コストパフォーマンスの高いミドルレンジモデルを集めました。, AQUOS senseシリーズは、平均以上のスペックで価格を抑えたコストパフォーマンス代表モデルです。, キャリア・格安SIMともに人気が高く、AQUOS sense 3シリーズを待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。, AQUOS sense 3のコンセプトは、「1週間の電池持ちと、必要十分な使いやすさ」です。詳しいスペックを見ていきましょう。, オーバースペックぎみのスマホが増えている一方で、「ほどほど」のスペックをもつスマホの人気も高まっています。, AQUOS sense 3は、そんなコスパスマホの1つとして注目されている端末です。防水・防塵という壊れにくさに加え、顔認証・指紋認証、おサイフケータイに対応しています。, さらに1日1時間ほどの使用であれば、最大1週間という電池持ちを実現。ついついスマホの充電を忘れてしまう方でも、安心して使えるバッテリー容量です。, おサイフケータイや、文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」も搭載しています。, 最新スマホと比較すると決して高性能とはいえませんが、機能を抑えてわかりやすく使いたい方におすすめです。, AQUOS sense 3のアウトカメラは、標準カメラと広角カメラのデュアル構造を採用しています。センサーは標準・広角どちらも約1200万画素なので、きれいな写真を撮影することができます。, 新機能として、一本の動画から笑顔や動きなどの見どころをAIが抽出し、約15秒のダイジェストムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」機能が追加されました。, ボディーカラーはメーカー発表のシルバーホワイト、ライトカッパー、ブラックの3つに加えて、ドコモオリジナルのディープピンクを揃えています。, ▼iPhone格安SIM通信ではAQUOS sense3の実機レビューを行いました!, 2019年8月23日に発売された、ZenFoneシリーズの最新作です。最大の特徴は、180度回転するユニットカメラ「Flip Camera」です。, ZenFone 6は、これまでのスマホカメラの常識を覆す「Flip Camera」を搭載しています。, 最大の特徴であるFlip Cameraは、標準レンズと視野角125度の広角レンズの2つを搭載するカメラユニットです。ZenFone 6の標準カメラアプリを起動すると、Flip Cameraはアウトカメラとして機能します。, この状態で自撮りモードにカメラを切り替えると、Flip Cameraが自動で立ち上がって端末上部に現れて、インカメラとして使えるようになります。, 一般的なスマートフォンでは、インカメラのスペックはアウトカメラと比べて低くなりがちです。しかし、ZenFone 6のFlip Cameraはアウトカメラとインカメラが共通なので、高性能なカメラで自撮りができます。, また、Flip Cameraの角度は、本体右側面の音量調整ボタンで手動調整ができるので、好きな角度で止めて撮影することもできます。, さらに、回転しながら連続撮影することで、きれいにつながった横長のパノラマ写真を撮影することができます。従来のパノラマ機能は、自分で端末を動かすことが必須であったため、ZenFone 6であれば手ブレを気にする必要がありません!, ZenFone 6のバッテリーは5000mAhです。スマホが搭載する平均的なバッテリー容量が3000mAh前後なので、かなり大容量なバッテリーを搭載しています。, 大容量なバッテリーを搭載することで、利用できる時間がぐんと伸びるほか、ZenFone 6をモバイルバッテリー代わりに利用できる「リバース充電」にも対応しています。, 充電もクイックチャージに対応していて、9V/2Aの18W超急速充電に対応しています。, また、・過放電を防ぐために、制御チップと温度センサーが組み込まれているので、アラームのように時間を設定して過充電を防ぐ仕組みもあります。, ZenFone 6の背面デザインには、フィット感にこだわりのある、非常に手当たりの良いカーブデザインを採用しています。また、Gorilla Glassの強化ガラスを使用しているので、耐久性にも優れています。, ZenFone 6のディスプレイは、従来のZenFoneシリーズと比べると、画面の切り欠け(ノッチ)が全く無い「真の大画面ディスプレイ」を搭載しています。これで、ゲームや動画視聴のシーンで切り欠けの無い映像を楽しむことができます。, さらに、ディスプレイを保護する強化ガラスも新しくなり、最新のGorilla Glass 6を採用しているのも注目ポイントです。, Xperia 8は、2019年夏モデルで発売されたハイスペックスマホ、「Xperia 1」と同じ細長いボディが特徴となっています。, 細長いボディを活かした快適な映画鑑賞や、PCのようにデュアルディスプレイとして使えるのが大きな魅力です。高性能ながら、5万円前後で購入できるというコストパフォーマンスの良さも嬉しいですね。, ぱっと見でわかる通り、Xperia 8は21:9という縦長のアスペクト比が特徴です。, 21:9というのは、映画館のスクリーンの比率を再現しているそう。そのため、スマホで動画視聴や映画鑑賞をする際、画面上下に黒帯が入りません。, 黒帯が入らないということは、画面いっぱいに映像を楽しめるということです。Xperia 8なら、映画館さながらの大迫力で快適に動画視聴ができます。, 大きなディスプレイに加え、カメラ性能も向上しています。アウトカメラは1200万画素の広角レンズと800万画素の望遠レンズの2種類を搭載。, また、「ポートレートセルフィー」機能も使用可能に。撮影後に露出の調整(背景のぼかし)や肌、目の大きさを加工できるようになっています。, タブレットやPCのデュアルディスプレイのように、1つのスマホで2つの作業を同時に行うことができます。面倒だったアプリを交互に開く作業が一切不要なため、それだけでかなりありがたいですよね。, 加えて、マルチウィンドウが使えるスマホはほとんどないので、最も便利なスマホといっても過言ではないでしょう。, Xiaomi(シャオミ)は世界第4位のスマホメーカーにして、2019年に日本参入を果たした企業です。, 日本参入第1弾のスマホは「Mi Note 10」。ハイエンドモデルにも搭載されていない5眼カメラを、まさかの5万円で搭載しているモンスタースマホです。, Mi Note 10といえば、なんといっても5眼カメラと1憶800万画素のレンズが最大の特徴です。, 一般的なスマホが標準・広角・超広角(もしくは望遠)というラインナップに対し、Mi Note 10には以下のレンズが搭載されています。, 1憶800万画素のカメラで撮影した写真の最大解像度は、12032×9024。これは4K解像度の約12倍です。いかにきめ細かな写真かおわかりいただけるでしょう。, スマホなのに、なんと望遠2つにマクロレンズまでついているんです。ポートレート、夜景モードといった状況に合わせた写真撮影もできます。, Mi Note 10の素晴らしい点はカメラだけではありません。5,260mAhという超大容量バッテリーを搭載しているんです。, ミドルレンジモデルのバッテリー容量は通常3,000mAh台なので、それを2,000も上回る数値となっています。これなら1日中タフに使っても大丈夫なだけでなく、数日間充電しなくても電池切れの心配がありません。, スマホのバッテリー持ちが悪くて買い替えを検討している方は、Mi Note 10に機種変更してみてはいかがでしょうか。, 必要十分なスペックを備えたエントリーモデルを集めました。価格は4万円未満を目安にまとめています。, HUAWEI製品の中でも一際人気なのがliteシリーズ。シリーズ最新のHUAWEI P30 liteは、ミドルクラス初のトリプルカメラ搭載ということで業界でも話題になりました。, HUAWEI P30 Proがクアッドカメラになったことで、廉価版のP30 liteはトリプルレンズになりました。ハイエンドスマホでも未だデュアルレンズは多いので、P30 liteがいかにすごいかがわかります。, P30/P30 Proと違う点は、Leica監修レンズではない点。写真を撮り比べてみないとわかりませんが、P30/P30 Proに比べてレンズの質は若干落ちるようです。, とはいえ、3眼で撮影の幅が広がっていることは間違いないので、カメラ特化型のスマホならP30 liteに決まりでしょう。, HUAWEI P30 liteの後に「Premium」がついているのを不思議に思った方もいるかもしれません。, 実は今回、128GBという大容量ストレージ(ROM)を搭載したため、「Premium」という名前がついたのです。128GBもあれば、動画や写真でデータが不足することはまずないので、長く大切に使うことができます。, HUWEI P30 Proはキャリア発売のみのですが、P30 liteはSIMフリー版の発売が予定されています。, SIMフリーモデルであれば3キャリアどの回線でも使えるので、乗り換えの時に便利です。, OPPO A5 2020は、4眼カメラ搭載で2万円台という圧倒的な安さで大きく注目を集めたスマホです。, エントリーモデルの価格ながら、超広角レンズや1,600万画素のインカメラを搭載するなど、他のAndroidの追随を許さないコストパフォーマンスとなっています。, OPPO A5 2020の実機を使ってカメラ性能や使い勝手をレビューしているので、こちらの記事もぜひご覧ください。, OPPO A5 2020には、119°の超広角レンズが搭載されています。そのため、建物の近くにいても上から下まで見きれることなく映し出すことが可能です。, 背景をボカして被写体を際立たせるポートレートモードや、夜景を明るく美しく撮影するためのウルトラナイトモードも搭載されています。, さらに驚くべきが、インカメラの画質です。800万画素前後が一般的なインカメラ性能ですが、OPPO A5 2020はその2倍の約1,600万画素。アプリを使わずとも、自然に盛れる写真が撮れます。, OPPO A5 2020の驚くべき点は、カメラ性能だけではありません。5,000mAhという超大容量バッテリーも人気の秘訣です。, 一般的なスマホのバッテリー容量は大体3,000mAh前後なので、1.5倍以上も多い計算です。1日中タフに使っても充電が切れる心配がありませんし、ライトユーザーであれば1週間程度は充電が持ちます。, スマホのバッテリーは使うほど経年劣化していくので、購入時これだけバッテリー容量が多いと安心ですね。, Motorola(モトローラ)は、SIMフリー端末で有名な海外メーカーです。z・x・g・eという4つのシリーズがあり、gシリーズはエントリーモデルにあたります。, moto g7は、シンプルな操作性とデザインが人気です。詳しいスペックや特徴を見ていきましょう。, moto g7は、わかりやすい・使いやすい操作性が魅力です。「Androidはアイコンの配置がわかりづらい」と考えているユーザーも、moto g7なら直感的に操作できるはずです。, カメラはデュアルレンズになっており、撮影に必要な最低限の機能を有しています。面倒な設定や選択はいらず、説明書を読まなくても大体の機能が触っただけでわかるでしょう。, 例えば「本体を2回ひねるとカメラが起動」といった設定ができるので、シャッターチャンスを逃さずにカメラを起動できます。, 他にも様々なジェスチャー機能があり、使い方次第でかなりの操作を短縮できます。moto g7を購入した際にはぜひとも試してみたい機能の1つです。, AQUOS zeroは、2018年の冬モデル。その後継機として発売されたシャープのハイエンドモデルがAQUOS zero2。発売は2019年冬からとなっています。, 1年越しのバージョンアップになりますが、スペック面はどのように進化しているのでしょうか。早速見ていきましょう。, 前機種のAQUOS zeroは、圧倒的な処理能力で「ゲーミングスマホ」として話題になりました。, 最新のAQUOS zero2は、AQUOS zeroの4倍速のディスプレイを採用。動きの激しいゲームでも映像がブレず、スムーズに映像を楽しめます。, 特に音ゲーム等はタイムラグが命取りになるので、反応速度が速いに越したことはありません。前機種に比べ、さらにゲームに特化した端末となっています。, もちろんAQUOS zero2にも、シャープのディスプレイ技術が遺憾なく発揮されています。AQUOS zero2では、なんと10億色を表現できる有機ELディスプレイを採用。, 10億色で細かな色のニュアンスを表してくれます。例えばネットで買い物をする際、「思っていた色と違った」なんてミスもなくなります。, ROG Phoneは、ゲーマーのゲーマーによるゲーマーのためのスマホといっても過言ではありません。, デザインからひしひしと伝わる通り、スマホゲームを快適にプレイするための機能が余すことなく搭載されています。, ROG Phoneには「TWINVIEW DOCK」という拡張ユニットがあります。こちらを使うと、ゲーム機さながら2画面でゲームをプレイすることができるんです。, 2画面で見やすくなるだけでなく、本体自体もコントローラーのようになって持ちやすくなります。さらに拡張ユニットに冷却ファンがついているので、スマホ自体のパフォーマンスを高めてくれる機能も。, スマホでゲームをプレイする時に悩まされるのが、本体が熱くなってゲームが落ちてしまうことです。せっかくプレイしていたのに、途中でデータが消えてしまうのは嫌ですよね。, ROG Phoneには本体に冷却パッドが入っているので、端末表面温度を-4.7℃も下げてくれます。これにより、CPUの冷却効率が60%も向上するそうです。さすがゲーム特化のスマホといえるでしょう。, SIMフリースマホを選ぶ際、自分の用途に合ったスペックの機種を選ぶことが大切です。自分に適したSIMフリースマホを選ぶための、基本的なポイントを見ていきましょう。, ゲームで遊んだり高画質動画を頻繁に視聴する人は、処理が速いハイエンドモデルが良いです。ゲーム中や動画を観ているときに、画面が固まってしまうと興ざめしてしまいます。, ハイエンドモデルの機種はメモリもCPUのスペックも高いので、存分にゲームや動画を楽しむことができます。, そのような人は、ミドルレンジモデルが適しています。ミドルレンジモデルはハイエンドモデルと比較すれば、スペック的には劣りますが、十分に使えるスペックです。, ミドルレンジモデルは、一通りのことがストレスなくできるので、コストパフォーマンスが抜群。, そのような人は、ハイスペックな機種は必要ありません。低価格のエントリーモデルであっても、十分にWEB閲覧やLINEなどを楽しむことができます。, スマホといえばカメラ性能、と考えている方も多いのではないでしょうか。カメラ性能はどの会社も力を入れており、新作モデルが発売される度に搭載されるレンズの数が増えています。, 数年前まで1眼しかなかったスマホも、最近では5眼搭載スマホまで発売されているようです。レンズの数が多いほど撮れる写真の幅も広がります。, カメラ機能を重視する方はレンズの種類や、レンズごとの画素数を比べてみるといいでしょう。, スマホの性能はあまり詳しくないけれど、画面の大きさやサイズ感が合うものがいいという方も多いです。スマホは常日頃持ち歩くものなので、操作性や持ちやすさも大切な選定基準になります。, ここ数年は6インチ以上の大型スマホが多いですが、小型スマホの根強い人気もあって5インチ台のスマホも多いです。, 画面サイズが大きくても薄型で軽いものもあるので、一度手に持った感じや大きさを見てみることをおすすめします。, 最後は、搭載されている機能で選ぶ方法です。国産スマホでは、防水・防塵・おサイフケータイをスマホにおける「三種の神器」と呼ぶことがあります。, それくらいスマホには欠かせない機能ですが、モデルによっては防塵対応だけというモデルもあります。, 防水性能についてはいくつかレベルがあるので、アウトドアやお風呂の中で使用するなら防水等級も大切です。, 自分の明確な用途がわからない人は、ミドルレンジモデルを購入すれば間違いはないですが、スマホを少ししか使わないのに、ミドルレンジモデルを購入するのはもったいないかもしれませんね。, 自分の明確な用途を知るには、スマホを使ってしたいことを、紙に箇条書きするのが有効です。, 箇条書きにすることによって、自分の用途がはっきりしてきます。自分の用途が分かれば、後はスマホの価格を検討するだけです。自分に合ったSIMフリースマホを見つけましょう。, iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!, © MarketEnterprise Co., Ltd. All rights reserved. 関連する記事. おすすめのSIMフリースマホ . シェア. simフリースマホのおすすめモデル|~5万円台 シャープ(SHARP) AQUOS R2 compact SH-M09 横幅64mmのコンパクトボディに約5.2インチのフルHDディスプレイを搭載したSIMフリースマホ。 このページでは、現在発売中のsimフリースマホについて、筆者おすすめのものを紹介します。 まだまだ知らないこともたくさんありますが、4年近くスマートフォンにかかわるサイトを運営してきたこともあり、一般の方よりも詳しいと思いますので、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。 シェア. 記事ではSIMフリーAndroidスマホをメーカーや価格、機能などの細かい条件ごとに分類して解説します。スマホオタクの私が考えに考え抜いて、今イチオシの機種を厳選しました。記事も毎月更新して常に最新状態を保っています。ですから、この中から選んでいただければ間違いないはずです。 SONY IMX586 かざすだけで会計ができるおサイフケータイを搭載したSIMフリースマホ。SIMフリーなので、大手キャリアと契約しなくても使用できるのが嬉しいポイントです。また、格安SIMが登場したことで、携帯料金の節約ができるようにもなりました。しかし、サイズやカラー、価格帯も幅広い... Apple社が手がけるスマートフォンブランド「iPhone」。2008年に初めて日本で販売されてからこれまで多くのモデルが発表され、現在の最新モデルは、iPhone 12・12Pro。今まで発売されてきたiPhoneは容量やカメラ機能、画面サイズなどもそれぞれ異なるのでどれを選べばよいか... Android端末と聞いて思い浮かべることの多い、SONYのXperia。国内外で人気のiPhoneに負けない使いやすさで、多くの人から支持されています。でも、Xperiaと一口に言ってもフラグシップモデルの1IIをはじめ、10IIや8などいろいろな機種があり、新型と旧型とどう違うの?どれを選... スマートフォンは大きく分けてAndroidとiOSの2種類がありますが、多機能で種類の多いAndroidは多くの人に支持されています。ですが、一口にAndroidのスマホと言ってもその種類はさまざま。DOCOMOやauなど各キャリアで購入するものだけでなく、コスパのいいSIMフリースマホもあり... ゲームを快適にプレイすることができる「ゲーミングスマホ」。3Dのゲームなど、普通のスマホではフルに楽しみづらい作品も、サクサクとプレイすることができます。スマホゲームが好きな方におすすめですが、一口にゲーミングスマホといっても、その性能はさまざま。選ぶのに迷ってしまう場合もあります。. コンビニやカフェなど…, 12枚のSIMカードを利用できるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応のスマートフォンは、2つの電話番号を持つこ…, 1本記事では、おすすめSIMフリースマホを紹介していきます。格安SIMの利用者が増加傾向にあるため、SIMフリースマホを利…, 1本記事では、SIMフリースマホを利用する上で欠かせないSIMフリーの意味やメリット・デメリットなどを総合的に紹介していき…, 1格安スマホについて調べていると「MVNOって何?」、「格安SIMに変えると通信速度が遅くなるって本当?」、「通話SIMと…, ライフスタイルや予算に合わせたSIMフリースマホを選んでください。特徴や使用用途が異なる、3万円台のお得な機種から10万円を超えるハイスペック機種が販売されています。, 最新機能を搭載したスマホが欲しいならAQUOSシリーズを選ぶのがもっともスマートです。国産メーカーでSIMフリーモデルを積極的に販売しているのがシャープのみです。, 売れ筋人気のSIMフリースマホを順に確認していきましょう! あなたの希望を満たすスペック・価格のスマホを確認してください。気になるスマホがあったらスマツーストアから購入しましょう。, LINEビデオ通話の画面共有の方法!YouTube視聴のやり方【iPhone・Android・PC】, iPhoneのライト(懐中電灯)を点灯・消す方法!つかないときの対処法・明るさの変更, CPU性能・メモリ容量は低いが、インターネット・SNS・動画視聴はストレスなしで利用できる, 高性能CPU・大容量メモリは当然のことながら、高画素数のデュアルレンズ・トリプルレンズの高性能カメラ搭載・有機ELディスプレイ搭載機種が多い, HUAWEI独自の高性能CPU「Kirin」と大容量メモリ搭載で高性能カメラを搭載している機種が多い。価格以上の価値があるスペックを搭載している, 大容量バッテリー搭載で日常使いにぴったりなZenFoneシリーズが大人気。本格的なゲーミングスマホのROG PHONEも販売している。, MOTOROLA独自のデザインを搭載したスマホでオリジナリティ高いスマホが購入可能。ローエンド・ミドルレンジのスマホが多い。, 他社のAndroid OSよりも更にカスタマイズされたOPPO独自開発のColorOSを搭載しているスマホメーカー。HUAWEI同様に高性能CPU・大容量メモリを搭載している上にスタイリッシュデザイン、高性能カメラが大きな特徴, シャープの技術の粋を集めたIGZOディスプレイ搭載。独自の人工知能のエモパー搭載・防水防塵・おサイフケータイ搭載で日本人に嬉しい機能が搭載されているバランスの良いスマホ, 高性能を要求されるゲーム向けのSIMフリースマホなら大画面+高性能CPU・大容量メモリの機種を推奨, CPU……Qualcomm社のSnapdragon600以上搭載の機種だったらストレスがない(Qualcomm社のCPUを搭載している機種が多い), メモリ……4GB以上(ストレージ64GB以上)搭載していると、音楽聴きながらSNS・ネット検索などのマルチタスクも快適, カメラ性能……高画素数のカメラを搭載している機種ほど画質が良い(デュアルレンズ・トリプルレンズ搭載機種の方が高精細な写真が撮影できる), ゲームプレイ目的ならSnapdragon 630、メモリ4GB以上搭載のスマホを推奨, 高解像度カメラ、ダブルレンズなどカメラ性能を重視するならOPPO・HUAWEIの5万円以上のスマホを推奨, ZenFoneシリーズ・曲面ディスプレイ・ZenFone独自のオリジナルチューニングが魅力, 有機ELディスプレイ、ゲーミングスマホにも負けないハイスペックスマホが販売されている, 独自のColorOSを搭載(Androidがベースになっているので、他社製品と同等の使い方ができる). 1位:ZenFone 6; 2位:AQUOS zero2; 3位:iPhone 11 Pro; 4位:OPPO Reno 10x Zoom; SIMフリースマホおすすめランキング | コスパ重視向け. F値2.0+1.79, 【2020年】SIMフリースマホ人気おすすめ15選|格安SIM・キャリアの安いスマホ. 1本記事では、おすすめsimフリースマホを紹介していきます。格安simの利用者が増加傾向にあるため、simフリースマホを利… simフリースマホのおすすめ人気ランキング2020年最新版. simフリーのスマホの人気おすすめランキング15選をお届けしました。キャリアの縛りがなく、とても使いやすいsimフリースマホ。ぜひ今回のランキングを参考に、自分にぴったりのsimフリーのスマホを見つけてみてくださいね! ツイート. simフリーのスマートフォンをランキング形式でご紹介。メーカーや機能、スペックを指定して人気のスマホが探せます。大手キャリア・mvnoで契約した場合の月々のお支払い目安やsimフリーの端末価格で比較・検討できます。 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの 出典:Google. ‚ß3‘I@‚¢‚‚łàŽèŒy‚ɐ…•ª•â‹‹‚Å‚«‚éy2020”NÅV”Łz, yKindle–{ƒZ[ƒ‹zƒAƒjƒ‰»Œˆ’èu‹ÉŽå•v“¹v‚âu”¼‘ò’¼Ž÷v‚ȂǐV’ªŽÐE•¶åYtH‚Ì5000û’´‚ªÅ‘å50“ŠÒŒ³. 180°回転まで約1秒 Copyright © SAKIDORI All Rights Reserved. simフリースマホにも高性能なカメラを搭載している機種が増えてきました。複数カメラ、高画素高画質、便利な機能付きなど、様々なカメラがリリースされています。高性能カメラを搭載したsimフリースマホの人気おすすめランキング15選とその選び方を紹介します。 auの新機種発表イベントで発売されることが明かされたAQUOS sense3。次いでドコモも発売を開始し、さらには格安SIMサービス大手のIIJmioまで取り扱うことを発表しています。2019年のメーカー別Android販売台数シェアで1位を獲得しているシャープ。その人気を牽引する... 「新品 未使用品 白ロム」SIMフリー docomo Galaxy S10 SC-03L Prism Blue ブルー※赤ロム保証[サムソン/Samsung][SIMロック解除], iPhone 11 Pro SIMフリー 256GB 本体 DUAL SIM対応 OLED版 ダブルシム搭載可能【香港正規品/日本未発売】, SH-M12-B SHARP(シャープ) AQUOS sense3 SH-M12(ブラック)- SIMフリースマートフォン [5.5インチ(IGZO) / メモリ 4GB / ストレージ 64GB], ASUS ZS630KL-BK128S6 SIMフリースマートフォン ZenFone 6 ミッドナイトブラック, 【新品 未使用】 SONY Sony Xperia T2 Ultra (D5303) ブラック ホワイト バイオレット LTE 8GB【海外版 SIMフリー】 【当社90日保証】, Xiaomi Mi Note 10 Dual Sim 6GB RAM 128GB (黒), Huawei P30 lite Peacock Blue P30LITE/BLUE, Motorola/モトローラ 6.24型SIMフリースマートフォン Moto G7+ PLUS プラス PADU0003JP ディープインディゴ, ASUS ZS660KL-BK1TR12 SIMフリースマートフォン ROG Phone 2 マットブラック, iPhone 12とiPhone 12 Proを比較!サイズ・カメラ性能の違い・どちらが人気?, 48MP+12MP(超広角) そこで、この記事ではおすすめのスマホを価格別に計20機種やこだわり別のスマホ選びで見るべきポイントを解説しています。, おすすめのスマホをすぐに比較できる、比較表も用意しているので、ぜひご一読ください。, この記事を読み終わるころには、自分に合ったスマホを見つけられること間違いなしです!!, iPhone12 mini・iPhone12 Pro Max SIMフリースマホおすすめランキング | スペック重視向け. 1位:iPhone SE; 2位:Mi Note 10; 3位:OPPO Reno A; 4位:AQUOS sense3; 5位:HUAWEI nova 5T; 6位:Google Pixel 3a 本記事では、2020年最新のおすすめsimフリースマホを厳選紹介します。simフリースマホで格安simを契約したい方は、料金や速度を比較しておすすめ格安simを徹底解説した記事もご覧ください。 格安SIM15社についてデータ容量別に料金比較し、速度・価格が優秀なおすすめMVNOをランキング形式で紹介しています。各社キャンペーン比較も行っているので、格安SIMへお乗り換えを検討中の人は今すぐチェック!, BIC SIM(ビックシム)の特徴や料金プラン、評判、申込み方法、キャンペーンなどを紹介しています。ビックカメラ店舗での契約も可能で、サポートサービスも充実。初心者から上級者、誰でも簡単に利用できます。BIC SIMを検討中の方に役立つ情報を公開中。, 格安スマホ、SIMフリースマートフォンを購入するときに関係するSIMロック解除。SIMロック解除って何?自分でもできるの?と考えている人のためにSIMロック解除に関する情報を網羅的に徹底解説しています。3大キャリアのドコモ・au・ソフトバンクの解除方法についても詳しく紹介しています。, 格安SIMのメリットデメリットを総合的に紹介しています。ドコモ、au、ソフトバンクから初めて格安SIMを使う方に役立つ情報です。絶対に読んで損させません。月々の携帯代を見直したいなら必見の情報です!, SIMフリーの意味やメリット・デメリットを紹介します。SIMフリーとは、SIMロックがかかっていないのを意味しています。SIMフリースマホを使えば全ての格安SIMと契約することができますよ。SIMフリーを丁寧に解説していきます。, 格安SIMを使う上で理解しておきたいSIMカードに関する知識を誰でも理解できるように総合的に紹介しています。SIMロック解除、SIMフリーの意味も理解しましょう!目指せ格安SIMデビュー, 投稿日:2019.07.31  比較②カメラにこだわる:HUAWEI P40 lite 5G. 「SIMフリースマホ」予算3万円台のAndroidおすすめ3選【2020年夏最新版】 5万円以内のSIMフリーAndroid:SIMフリーのメリットを再確認 スマホ 投稿日:2019.07.31 更新日:2020.09.10 比較③コスパにこだわる:OPPO A5 2020. 2カメラ仕様 無断複写・転載・公衆送信等を禁じます, SIMフリースマホの購入を考えているけど、自分のニーズを満たす機種が分からない人は多いです。そのような人たちのために、SIMフリースマホを選ぶポイントを見ていきます。参考になるように、さまざまな機種を掲載しています。, iPhone 11/11 Pro/Pro Maxのカメラ性能が凄すぎ!トリプルカメラ機能徹底解説. © 2020 ネットR All rights reserved. 特定のSIMカードでしか動作しないSIMロックがかけられておらず、基本的にはどんな回線のSIMカードでも利用できるうえに、価格も安い傾向なのが魅力的なSIMフリースマホ。しかし、文字入力・アプリ操作時の反応速度やバッテリーもちのよさなど、ストレスなく日常使いできる性能を持っているのかどうかが気になって、なかなか購入に踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。, 今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のSIMフリースマホ22商品を比較して、最もおすすめのSIMフリースマホを決定したいと思います。, 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?SIMフリースマホの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。, まずは、SIMフリースマホの速度について検証していきます。複数人のモニターが以下3パターンの操作を試して、それぞれの速度について評価・コメントをし、すべての結果を元に最終評価を決定しました。なお、すべてのスマホを同じWi-Fiにつないで検証環境を統一しています。タッチで文字を入力する速度フリックで文字を入力する速度地図アプリの反応速度, 続いて、SIMフリースマホのバッテリーのもちについて検証していきます。丸一日スマホを使用した場合のモデルケースを以下のように定め、実際にそれぞれのスマホで再現。検証を終えた段階でのバッテリー残量に応じて評価をしました。また、検証途中でバッテリー残量が0になってしまったスマホに関しては、残量がなくなったタイミングに応じて評価しています。朝1時間の出勤で音楽を聴く(YouTube動画を1時間つけっ放しにして放置)お昼休憩になるまでロッカーに入れておく(液晶オフにして4時間放置)お昼休憩1時間で動画視聴(YouTube動画を1時間つけっ放しにして放置)夜までロッカーに入れておく(液晶オフにして4時間放置)夜1時間の退勤で音楽を聴く(YouTube動画を1時間つけっ放しにして放置), ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアで購入できる多くの端末には、SIMロックと呼ばれる他社のSIMを使えないようにする制限がかかっています。このSIMロックがかかっていない端末のことをSIMフリースマホといいます。, SIMフリースマホには、1万円〜3万円ほどのエントリー、3万円〜7万円ほどのミドルレンジ、8万円以上のハイエンドという、大きく分けて3段階の価格帯があります。価格帯ごとにスペックが異なるので、適切な用途も異なります。まずは、自分がどの価格帯のSIMフリースマホを選ぶべきなのかを詳しくチェックしていきましょう。, 基本的に通話・メール・SNSなど必要最低限の機能しか使わない人は、1万円〜3万円ほどで購入できるエントリーモデルをおすすめします。, エントリーモデルは、スペックは決して高いとはいえない分、安価な傾向にあるのが特徴で、とにかくコスト抑えたい⼈向けだといえます。ハイスペックなCPUやカメラは持ち合わせていない傾向があるので、ゲームを快適にプレイしたい・キレイな写真を撮影したいといった人には向かないでしょう。また、防水・防塵機能がない端末が多く、長く使うことを前提とした場合は若干不安が残るかもしれません。, とにかく安さ重視でスマホを選びたい人にはもちろん、2台持ちのサブ端末として利用したり、子どもへの連絡用スマホとして持たせたりするのにもおすすめできます。, 通話・メール・SNS・動画閲覧・ゲームなど、スマホでできるさまざまな機能をライトに使いたい人は、3万円〜7万円ほどで購入できるミドルレンジモデルを選ぶとよいでしょう。, ミドルレンジモデルは価格とスペックのバランスがよい傾向があるのが特徴で、今のスマホに求められる機能を過不足なく使えたうえで、比較的安いスマホがほしい人に向いているといえます。手頃な価格帯ながらも、普段使いでストレスを感じることはないくらいの十分なスペックを持つうえに、防水機能やFeliCa対応といった便利なプラスα機能がついている端末も多くなっています。, 連絡手段・アプリ・カメラのすべてが不自由なく使えるスマホがほしい人にはもちろん、過剰なスペックは必要ないから安いスマホがほしい人にもおすすめできます。, 最新のグラフィカルなゲームをガッツリプレイしたい人や、コンデジ並みのキレイな写真を撮影したい人は、8万円以上が相場であるハイエンドモデルを選ぶのがおすすめです。, ハイエンドモデルは、スペックが高いので価格も高い傾向があるのが特徴です。ハイスペックなCPU・メモリを搭載している機種が多く、3Dグラフィックを読み込んだり激しい動きを処理したりするスピードが速いため、リアルタイム対戦でのラグなどを気にすることなく快適にプレイできるでしょう。, 画素数・F値といったカメラのスペックも優秀で、高画質かつ豊富な画角で写真撮影できる機種も多くなってきています。コンデジ代わりにスマホを使いたい人にもおすすめできます。, なお、ハイエンドを選ぶ際にはできればワイヤレス充電に対応しているかどうかに注目するとよりよいでしょう。ワイヤレス充電対応のものならコネクタを使う機会が少なくなる分、故障の可能性を減らせるためです。, SIMフリースマホを選ぶ際に必ずチェックしておきたい4つのポイントをご紹介します。, スマホで行うさまざまな操作を快適に行いたいなら、主にCPUとRAMの数値を参考にして、なるべく速度が速いSIMフリースマホを選ぶのがおすすめです。, CPUとは、スマホで行う動作のデータ処理を行うパーツのこと。原則CPUが優秀であるほどデータ処理が速くなるため、動作が快適になります。CPUにはさまざまな製造メーカーやシリーズがあり、同じシリーズでも番号が大きいほど高性能となります。価格帯ごとに搭載されているCPUの目安は以下のとおりです。, RAMとは、CPUがデータ処理を行うときに使う一時的な記憶領域のことで、いわば作業台の役割を担うパーツです。基本的にはRAMの数値が大きいほど、データ処理を行う作業台が広い≒同時に処理できるデータの量・種類が多くなるため、動作が快適になるといえます。エントリーモデルなら2GB・ミッドレンジモデルなら4GB・ハイエンドモデルなら6GBとなっていることが多く、価格帯により最も差が出る部分です。, とはいえ、速度の優劣を左右する要因は複雑に絡んでいるため、スペックの数値などはあくまで目安として考えたほうがよいでしょう。今回は、複数人のモニターが実際にすべてのスマホを使用して、文字入力やアプリ操作の速度について検証を行ったので、ぜひ参考にしてみてくださいね。, 連続通話時間のスペックを参考に、バッテリーのもちがよいSIMフリースマホを選びましょう。, バッテリーのもちの優劣を判断する主なスペックとして、スマホそのもののバッテリーのスペックを示すバッテリー容量・待ち受け画面を開きっぱなしにした場合の持続時間を示す連続待受時間・通話機能を使いっぱなしにした場合の持続時間を示す連続通話時間の3つが挙げられます。, この3つのなかで最も実際の使用状況に近い連続通話時間が、最も参考になるといえます。ただし、実際は通話以外にも、アプリ・GPS・Wi-Fiといったさまざまな機能の使用状況によりバッテリー消費量がかなり変わるので、あくまで目安として考えておきましょう。, ストレージは最低でも32GB、できれば64GBはあったほうがよいでしょう。ストレージとは写真やアプリなどのデータを保存しておく場所のことで、数値が大きいほど多くのデータを保存できます。スペック表ではROMと表記されている場合もあります。, また、SDカードスロットを搭載しているAndroid端末が主流になってきてはいるものの、なかには搭載されていない機種もあるので注意しましょう。外部メモリにデータを保存したいと考えている人は、スペック表をよく確認するようにしてください。, SIMフリースマホにはさまざまなプラスα機能がついている場合がありますが、なかでも防水機能とFeliCa対応のふたつは、とくにおすすめしたい機能です。それぞれの機能について詳しくチェックしていきましょう。, お風呂やキッチンなどの水廻りで使うことが多い人は、水のなかに落としてしまっても大丈夫な、IPX7以上のSIMフリースマホがおすすめです。, 防水機能つきのSIMフリースマホに表記されている「IP○●」という英数字は、防塵・防水の保護等級を表す国際基準です。○に該当する数字が防塵の保護等級を、●に該当する数字が防水の保護等級を示し、それぞれ数字が大きいほど保護性能が優れていることを意味します。なお、防塵・防水のどちらかのみに保護等級がついている場合は、保護等級がついていないほうが「X」と表示されます。, そもそも日本は高温多湿なうえに雨や雪がよく降るため、日常に故障の危険性が潜んでいます。メイン端末として使用する場合、防水機能はぜひついていてほしいといえるでしょう。, かざすだけのキャッシュレス決済をしたい人は、FeliCa対応のSIMフリースマホを選びましょう。2020年2月時点では、Felicaを搭載しているSIMフリースマホはそれほど多くないので、かざすだけのキャッシュレス決済を利用したい人は、スペック表をしっかり確認ししてくださいね。, Felicaとは、Sonyが開発した非接触式ICカードの技術方式のこと。このFelicaを内蔵した端末は「おサイフケータイ®」と呼ばれることもあります。つまり、「Felica対応」か「おサイフケータイ®対応」のどちらかの表記があれば、かざすだけのキャッシュレス決済に対応している端末であることが分かります。, キャッシュレス決済はスマホをかざすだけですぐにお会計が完了するという手軽さはもちろん、専用アプリなどに購入履歴が残るところも便利なので、気になる方はチェックしてくださいね。, ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋上位のSIMフリースマホ22商品をすべて集めて、どれが最も優れたSIMフリースマホなのかを検証していきます。, 複数人のモニターが以下3パターンの操作を試して、それぞれの速度について評価・コメントをし、すべての結果を元に最終評価を決定しました。なお、すべてのスマホを同じWi-Fiにつないで検証環境を統一しています。, モニター全員がタッチ・フリック・地図アプリの操作すべてで快適な速度であると評価をしたのは、全商品中たった3台のみでした。とにかく速度を重視してSIMフリースマホを選びたいという人は、まず以下の3台がおすすめできます。, この3台以外のSIMフリースマホについては、誰かしらが何かしらの操作で、ストレスを感じるほどではないが、ワンテンポ反応が遅れているような感覚がある・反応が遅くてストレスを感じるレベルといった評価をしたため、人によっては快適な速度であると感じられない可能性があるといえるでしょう。, 安価で性能のよいSIMフリースマホがどんどん開発されてきてはいるものの、現状ではまだまだ我慢して使わなければならないSIMフリースマホのほうが割合として多いということが分かりました。, 丸一日スマホを使用した場合のモデルケースを以下のように定め、実際にそれぞれのスマホで再現。検証を終えた段階でのバッテリー残量に応じて評価をしました。また、検証途中でバッテリー残量が0になってしまったスマホに関しては、残量がなくなったタイミングに応じて評価しています。, 検証を終えた段階で、ほとんどのSIMフリースマホはバッテリーが残っていました。しかし、今回検証したSIMフリースマホのなかで最も軽量だった「Palm Phone」のみ「夜1時間の退勤で音楽を聴く(YouTube動画を1時間つけっ放しにして放置)」の段階でバッテリー残量が0%となってしまったため、丸一日使用するのは難しいといえそうです。, 軽くて小さめのSIMフリースマホは、バッテリーのもちが悪い傾向がありました。とくに以下の3台については、今回のモデルケース以上にスマホの使用時間が長い人には向かないでしょう。, このあとのランキングにて、すべてのSIMフリースマホの検証後のバッテリー残量を記載していますので、ぜひ参考にしてください。, 中国のスマホメーカーOPPOが販売するSIMフリースマホ「Reno A」は、スマホのあらゆる操作が快適に行えるうえに、バッテリーのもちも優秀だったため、第1位となりました。, タップ・フリック・アプリ操作のすべてで、全員が快適であるという意見を出したため、速度については文句なしの最高評価となりました。また、丸一日スマホを使っても57%ものバッテリーが残っていて、バッテリーのもちについても高評価となっています。, さらに、防水機能つきかつFeliCaにも対応しているため、お風呂やキッチンなどの水周りでスマホをよく使う人にも、スマホでキャッシュレス決済を行いたい人にもおすすめできます。, 文字入力・アプリ操作ともに超快適に使える、台湾のスマホメーカーが販売するSIMフリースマホ「U11」が第2位となりました。, タッチ・フリック・アプリ操作のすべての検証で、全員が快適であると評価を下したため、速度については文句なしの最高評価となりました。また、丸一日スマホを使ったあとも53%ものバッテリー残量が確認でき、バッテリーのもちについても高評価となっています。, さらに、防水機能つきかつFeliCa対応でキャッシュレス決済もできるという付加機能も充実しています。メイン端末として使うのに申し分ないSIMフリースマホといえるでしょう。, 速度・バッテリーのもちともに優秀で日常使いに適したSIMフリースマホ「Google Pixel 3a」が第3位となりました。, まず、タッチ・フリック・アプリのすべての速度において全員が快適であると評価する結果となり、速度については文句なしの最高評価に。さらに、丸一日スマホを使ったあとでも51%ものバッテリーが残っており、バッテリーのもちについても高評価となりました。, また、FeliCaに対応しているため、かざすだけのキャッシュレス決済が利用できる点も便利です。スマホのさまざまな機能を快適に使えるSIMフリースマホだといえるでしょう。, アメリカのスマホメーカーであるモトローラが販売する「moto g7 power」は、丸一日使っても75%ものバッテリーが残ったことから、バッテリーのもちが最高評価となりました。仮に夜寝る前に充電するのを忘れてしまったとしても、一日程度ならそのまま問題なく使えそうです。, また、速度についても高評価で、とくに文字入力の速度については満場一致で快適であるとの評価に。地図アプリの速度については若干の遅さが気になるという意見もごくわずかに見受けられましたが、日常使いをする分には問題ないといえそうです。, エントリーモデルの価格帯ながらもバッテリー・速度ともにかなり優秀で、メインスマホとして使っても不自由しない性能を持っているといえるでしょう。, 中国のスマホメーカーUMIDIGIが販売するSIMフリースマホ「UMIDIGI X」は、エントリーモデルながらもメイン端末として使っても差し支えないくらいの良スペックを備えていました。, フリックと地図アプリの操作の速度については全員が「快適である」とコメントし、速度の総合評価については高得点に。ただし、タッチ操作については「ストレスを感じるとはいわないが、若干遅めなのが気になる」いう意見がわずかに見受けられたことにより、最高評価にはあと一歩届かずという結果になりました。, また、丸一日スマホを使っても64%ものバッテリーが残ったため、バッテリーのもちについても高評価となっています。, SHARPが販売するエントリーモデルのSIMフリースマホ「AQUOS sense2」は、タッチ速度・アプリ速度については全員が快適だという意見を出しましたが、フリック速度については一部「ストレスとまではいわないものの、若干遅く感じる」という意見が見受けられました。, 一方で、バッテリーのもちについては、一日中スマホを使ったあとでも61%ものバッテリー残量が確認できたため、高評価となっています。また、FeliCa対応でかざすだけのキャッシュレス決済ができるうえに、防水機能がついているためお風呂やキッチンでも使用できる点も便利です。, 中国のスマホメーカーHUAWEIのエントリーモデルのSIMフリースマホ「nova lite 3」。地図アプリの速度については満場一致で「快適に操作できる」という意見でしたが、文字入力の速度については誰かしらが「ストレスは感じないものの若干遅く感じる」というコメントが見受けられる結果に。速度については高評価ながらも、最高点にはあと一歩届かずとなりました。, また、スマホを丸一日使ったあとでも53%ものバッテリーが残ったという結果から、バッテリーのもちについては高評価となっています。, アメリカのスマホメーカーであるモトローラが販売する「moto g7」は、文字入力の操作は快適という意見で満場一致だったものの、地図アプリの操作は「ストレスではないものの、若干遅さが気になる」という意見が一部見受けられました。速度については高評価ながらも、最高評価にはあと一歩およばずという結果になっています。, また、丸一日スマホを使ったあとでも46%ものバッテリー残量が確認できたため、バッテリーのもちについては高評価となりました。, 手のひらに収まるコンパクトなサイズ感で、親指ひとつで快適に操作できる「AQUOS R2 compact」。アプリの速度は満場一致で快適という意見だったものの、文字入力の速度ついてはほんの少しの遅れが気になるという意見も見受けられました。速度については高評価ではありながらも、最高評価は逃す結果となりました。, また、丸一日スマホを使ったあとでも39%ものバッテリーが残っていたため、バッテリーのもちについても高評価となりました。さらに、FeliCa対応でかざすだけのキャッシュレス決済ができるうえに、防水機能がついているためお風呂やキッチンでも使用できる点も便利です。, 中国のスマホメーカーOPPOが販売するSIMフリースマホ「AX7」の速度について、「快適に使えるので問題ない」という意見と「ストレスに感じるとまではいわないまでも、若干遅めである」という意見の両方が見受けられ、評価が伸び悩む結果となりました。, 一方で、スマホを丸一日使っても77%ものバッテリーが残ったことより、バッテリーのもちについては文句なしの最高評価となりました。仮に夜寝るときに充電し忘れたとしても、一日くらいならもつという安心感があります。, 台湾の総合エレクトロニクスメーカーASUSが販売するSIMフリースマホ「Zenfone Max M2」は、人によって速度の評価に差が出る結果に。「ストレスというほどではないが、ワンテンポ遅い気がする」という意見が複数見受けられたため、速度の総合評価は伸び悩みました。, 一方で、丸一日スマホを使ったあとでも68%ものバッテリーが残っていたことから、バッテリーのもちについては高評価となっています。, 中国のスマホメーカーOPPOが販売するSIMフリースマホ「A5 2020」は、タップ・アプリ操作の速度はおおむね問題なかったものの、フリック操作の遅さが若干気になるという人が多かったため、速度の総合評価が伸び悩む結果となりました。, 一方で、丸一日スマホを使用したあとのバッテリー残量は73%であったため、バッテリーのもちについては非常に優秀な評価となりました。仮に寝る前の充電を1日忘れてしまったとしても、翌日問題なく使用できるでしょう。, 台湾のスマホメーカーが販売するSIMフリースマホ「U11 life」は、文字入力の速度についてはおおむね高評価だったものの、地図アプリの反応速度が遅くてストレスが溜まるという声が多く見受けられました。重いアプリを頻繁に使用する人には向かないといえるでしょう。, 一方で、丸一日使用したあとでも60%ものバッテリーが残っていたため、バッテリーのもちについては高評価となりました。また、FeliCaに対応しているためかざすだけのキャッシュレス決済ができるうえに、防水機能がついているお陰でお風呂やキッチンでも使用できる点が便利です。, 中国のスマホメーカーHUAWEIが販売するSIMフリースマホ「P30 lite」。文字入力の速度についてはどんな人でも快適だと感じるスピードであったものの、地図アプリの反応速度については遅いと感じる人もいたため、速度の評価は伸び悩む結果となりました。, 一方で、スマホを丸一日使ったあとでもバッテリーが59%残っていたことから、バッテリーのもちの評価については高めな結果となりました。, 中国のスマホメーカーUMIDIGIが販売する「A5 PRO」は、地図アプリの表示速度がかなり遅かったことが主な理由となり、速度の総合評価が伸び悩む結果に。起動自体は問題ないものの、「スワイプで地図の見える範囲を移動させようとすると、もたついてストレスが溜まる」といった意見が多く見受けられました。, 一方で、丸一日使ったあともバッテリーが55%残っていたこともあり、バッテリーのもちについては高評価となりました。, 世界最小の4GタフネスSIMフリースマホ「Unihertz Atom」は、タッチ速度の遅さが目立ちました。連続タッチして文字を切り替えるときに、毎度ワンテンポ遅く感じられたため、日常使いをしていると不便に感じることがありそうです。, 一方で、スマホ本体が軽くて小さいほどバッテリーのもちが悪くなる傾向がありますが、この製品は小さいながらも丸一日使い切ったあとでもバッテリーが44%残るという優秀なバッテリー性能を備えていました。また、防水機能つきなので、お風呂やキッチンで使用できる点も便利です。, エントリーモデルのSIMフリースマホ「Mayumi U1」は、とくに地図アプリの表示速度の遅さが気になる結果に。アプリの起動自体は問題ないものの、操作時にはカクカクした動きになるため、ストレスが溜まりました。重いアプリをよく使う人にはあまり向かないスマホだといえるでしょう。, 一方で、丸一日使ったあとのバッテリー残量は24%だったため、バッテリーのもちの評価については許容範囲でした。, 約1万円という安さが魅力的なSIMフリースマホ「C15 PRO+」は、地図アプリの反応速度がとくに遅く、地図を移動させたとき地名が表示されるまでに毎回1〜2秒ほどかかるなど、もったりとした操作感にストレスが溜まる結果となりました。また、フリック操作が遅いという意見もあったため、フリック入力がメインの人には向かないでしょう。, 一方で、丸一日使っても28%バッテリーが残っていたので、バッテリー性能については許容範囲となりました。, ハンドソープで洗うことができるほどの防水性能を備えた日本製SIMフリースマホ「arrows M04」は、速度の評価が著しく低くなりました。とくに地図アプリの速度に関しては、検証に参加した全員がストレスを感じると回答。重いアプリをよく使う人には向かないといえるでしょう。, 一方で、丸一日使ったあとも60%バッテリーが残っていたため、バッテリーのもちについては高評価となりました。また、FeliCaに対応しているため、かざすだけのキャッシュレス決済を利用できる点も便利です。, 中国のスマホメーカーBlackviewが販売する「A60 Pro」は、タップ・フリック・アプリのすべての操作において反応速度が遅いというコメントが見受けられました。なかでもタップ速度の遅さが目立つため、日常使いにおいてストレスを感じることが多くなりそうです。, 一方で、丸一日使ったあとでもバッテリーが56%残っていたため、バッテリーのもちについては高評価となりました。, ASUSが販売するSIMフリースマホ「Zenfone Live(L1)」は速度の遅さが目立ちました。とくに地図アプリを起動するまでに10秒ほどかかることもあったため、不便に感じました。重めのアプリをよく利用する人には向かないといえます。, 一方で、丸一日使ったあとでもバッテリーが47%ほど残ったため、バッテリーの性能については問題ありませんでした。, クレジットカードとほぼ同じサイズの超小型SIMフリースマホ「Palm Phone」は、すべての検証商品のなかで唯一バッテリーが丸一日もちませんでした。防水機能つきなのでお風呂やキッチンで使用できるのは便利ですが、このバッテリー性能では日常使いに向かないといえるでしょう。, また、文字入力速度はおおむね問題なかったものの、地図アプリの起動・操作速度は検証した全員が遅いと感じる結果に。速度の評価についても伸び悩む結果となりました。, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。, なおご参考までに、SIMフリースマホのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。.

ニトリみなとみらい コロナ, 火球 ツイッター, ソフトバンクホークス 二 軍 成績, ニトリ 名品, 宝くじ 夢 前兆, 春日部市民文化会館 アクセス, 氷川きよし 大丈夫 ダウンロード, ニトリ クレーム お詫びの品, リンクライフ Uq 問い合わせ, Uqモバイル キャンペーン 比較, ロウヤ 評判, Ikea テーブル 999円 高さ, 主婦 高額当選, 広島 スターダスト 駐車場, スミノエ カーテン 口コミ, ヒロアカ 人気キャラ 女性, いつでも解約サポート 対象, カルティニ 手紙, 演歌歌手 若手 女性, So-net 電話 つながらない, 宇多田ヒカル First Love, サイバーパンク2020 Trpg, 100円big 楽天, 巨人増田 年俸, 大江裕 さんまの からくり テレビ, Wimax2 繋がらない, 紅白歌合戦 投票, 嫌いなユーチューバーランキング 女, 大統領に選ばれる 英語, 大阪 駅前 第4ビル 営業時間, スーパーホテル チェックアウト 時間, Uqモバイル Kddi 統合, ダイニングチェア 人気, Wimax 解約金, ダイニングベンチ カリモク, 東京2020協賛ジャンボ 宝くじ 買う 日, Karup ソファベッド, 代表 英語, ラファエル 本名, 宮廷女官 キャラ,