?(All About News Dig) USENが20代~50代を対象に実施した調査によると、約5人に1人が仕事中にイヤホンや卓上スピーカーなどで個人的に音楽を聴いていると回答。 昔の金ぴかギラギラのディスコとは違いますが、若かりし頃を思い出させてくれそうな踊れてはしゃげるクラブやディスコバーが幾つもありましたね!. 音楽文(オンガクブン) powered by rockinon.comは、音楽を愛する書き手と読み手が出会う投稿サイトです。更新は毎平日20時、月間賞の発表は毎月10日を予定しています。邦楽・洋楽ともに、批評、ライブレポート、エッセイ、コラムなど、熱い音楽文がいつでも読めます! ↑ 普段よく聴く音楽のジャンル(複数回答)(2019年) 幅広い層に聴かれているのは日本のポップスやロック、ダンスミュージック。60代でも4割台が聞いている。学生・生徒でも7割台。該当項目のグラフの面積が層の厚みを体現している。 ジニアスの出演DJは、曜日ごとのレギュラーDJをはじめ、スペシャルゲストとしてDJドラゴンやマークパンサー、ケツメイシの大蔵などの有名アーティストが度々出演している。, エスプラナード赤坂通り沿いはパチ屋”エスパス”の真向かいにある「鶴千」は、ディスコのようにノリノリに音楽を楽しめると評判の90年代初頭にオープンしたソウルバーだ。, 店のキャパや作りは完全にバーでありながらダンス好きのミスター&ミセスから支持されており、ディスコのように踊る人が多いのが特徴。開店から早い時間はソウルバーで、金曜や土曜の夜はディスコだと思って差し支えなさそうだ。, 訪れる人の年齢層は40代は勿論50代や60代も多く、中にはそれ以上の方もしばしば。鶴千で70年代のダンサブルなブラックミュージックをつまみに朝まで飲み明かしてみるのもよさそうだ。, バブルの時代を象徴する80年代ディスコの代名詞といえば麻布十番にあった「マハラジャ東京」。そんな昭和の超人気ディスコの流れを汲むのが、あの頃を思い出させるバブリーな内装と50代以上が楽しめる懐かしい選曲で再びムーブメントを巻き起こしている「マハラジャ六本木」だ。, まず一つ目に挙げられる魅力は、金ぴかに輝くバブル期を彷彿させる店内。プロモーションビデオの撮影で使用されることが多々あるバブル感満載の空間には、お立ち台やボックス席といったディスコにとって重要な要素がキチンと再現されている他、店側のホスピタリティもクラブよりも遥かにクオリティが高いと評判。, 二つ目の魅力の音楽に関しては、50代や60代が楽しめる70年代のディスコ曲が流れる日や、40代に人気がある80年代後半に流行したパラパラやJポップを軸に流すイベントなどが毎週行われている。, ディスコ探しのお役に立てましたでしょうか? 是非思い切って遊びに出かけてみて下さい。Let’s forget ourselves and dance at a disco! 25歳です。会社や接待などでカラオケに行く機会がしばしばあります。『上をむいて歩こう』などを歌うと「若いのに渋い歌知ってるね!」などと喜ばれます。他にお勧めの曲を色々教えて頂けないでしょうか?頑張って練習しますので宜しく Copyright © 2020 besty. All Rights Reserved. 本記事に掲載しているお店なら間違いなく50代以上の方にも楽しんで頂けるでしょう。, 浅草寺の雷門を抜けすぐ左手に入った先にあるアイクラブは、50代60代の洋楽好きが青春期に聞いていたソウルフルなブラックミュージックが流れる魅惑の洞窟だ。, 小さな入口からは想像できないほど店の中は凝っていて、店内はまるでテーマパークにある洞窟のような内装。そんな好奇心をくすぐる空間には色気のあるディスコナンバーが轟いており、店を訪れる紳士淑女は皆リズムに身をゆだねている。, アイクラブに訪れればディスコに通い詰めていた大人達はきっとあの頃にタイムスリップできるだろう。, 銀座の夜で最も賑わいを見せているコリドー街の裏に2019年にできた”銀座裏コリドー”にある「club GHQ」は、土地柄50代以上の方も多く訪れるクラブだ。, 毎週水曜日には”Ginza Disco Night”という懐かしのブラックミュージックを中心にスピンしてくれるイベントを定期で開催しており、沢山の紳士淑女が遊びに来ている。, また月曜日はJポップ系、火曜日はKポップ系のイベントを行っており、こちらも懐かしい曲が結構流れるので大人世代も十分楽しめるだろう。, 知る人ぞ知る鶯谷の名門ディスコである「ラヴァーズ」は、平日は歌謡曲喫茶として、土日は昭和の名曲に合わせてノリノリに踊れるディスコとして営業してるお店だ。, 毎週日曜日と土曜日には昭和のディスコブーム時代にタイムスリップさせてくれるイベントが開催されていて、店内は多くのダンスフリークで大賑わいとなる。, 70年代のクールスから90年代のパラパラまで日本で流行っていた様々なジャンルの音楽が楽しめるので、最近ではラヴァーズに来れば懐かしの歌謡曲に合わせて踊れると若い世代や外国人からも人気があるそう。, 雑貨の天国とも言われる2k540やラーメン通が挙って集まるラーメン横丁等の人気スポットがある御徒町駅南の珊瑚ストリート沿いにある「RGB東京」は、営業許可取得済みのれっきとしたディスコだ。, 毎晩のように開催されているイベントでは、50代や60代の方が多く来店し皆さん超ノリノリに踊りまくっている。青春時代にディスコで踊った往年のナンバーであなたも心の底からあの頃に戻ってみませんか。, 品川駅高輪口の目の前に鎮座する国内有数の有名ホテルである”品川プリンスホテル”の最上階にある「テーブルナイン」は、クラブではなく9軒のラグジュアリーな飲食店からなる大人の為の空間だ。, クラブではないものの、DJ選曲のハイセンスなラウンジミュージックが流れる「NINE BAR」というミュージックバーがあり、若い頃ディスコで遊んでいたナイスミドルからも人気がある。, 客層としては30代から50代以上までと幅広く、品川という土地柄、高給取りのサラリーマンや経営者など落ち着いた方が多い印象。 そのラジオシティ流れを汲み2010年にオープンしたのが「CLUB DIANA(ディアナ)」。ここはクラブでありながらフロアには複数のお立ち台があり、50代や60代をターゲットにしたイベントも多々行われており、大人世代のお客さんからもとても人気があるクラブでした。 「 音楽は50代からだよ。 音楽はフィジカルなテクニックだけでなく、 生きてきた経験、人間の成長が音楽に活かされる 」 みたいなことを坂本さんに言われたそうです。 いたく共感し勇気づけられました . 定量・定性・海外調査など幅広いリサーチ・コンサルメニューによって、マーケッティングの課題解決を支援します。, 「30~60代男性800名に聞く 音楽と楽器に関する調査」 二つ目の魅力の音楽に関しては、50代や60代が楽しめる70年代のディスコ曲が流れる日や、40代に人気がある80年代後半に流行したパラパラやjポップを軸に流すイベントなどが毎週行われている。 今回紹介したお店は比較的年齢層が高めなので、70年から80年代のディスコの思い出話を共有できる同世代の仲間が見つかるかもしれません。 50代が選ぶ秋のドライブに♪最適な音楽を教えてくださいおすすめランキング! 行楽の秋になりました。 これからドライブをする時に気分が良くなるおすすめの音楽を教えてください。 - ドライブ,bgm|Gランキング そんなディスコとクラブの中間のようなディアナも建物の建て替えに伴い2019年末で完全閉店。これで都内で営業する大型ディスコは残すところ1,2軒となり、行き場を探している大人世代の方も少なくないのが現状となりました。, しかし、実は東京には明確にディスコと呼べる店舗も数は少ないですが存在しています。 そして坂本さん、高野さんの共演に感動 青春の思い出は60代「ビートルズ」、50代「吉田拓郎」、40代「サザンオールスターズ」、30代「Mr.Children」。 世代を問わず「音楽は青春の象徴」という人が多くいます(70.1%)が、思い出となっているミュージシャンは世代によって大きく異なるようです。 【ファッションレンタル】女性におすすめなオシャレの幅が広がる服を貸出すサービス10選. やるからには上手くなりたいから、大人向け音楽教室には半数近くが関心あり。, 株式会社イード(本社:東京都中野区、代表取締役:宮川洋 以下、イード)は、30~60代の楽器演奏の経験のある男性800名を対象に「音楽と楽器に関する調査」を実施しました。, 楽器体験は世代によって大きく異なる。50~60代にとっての楽器は「アコースティックギター」、30代にとっては「ピアノ」。特に50代のギター人気が高く、2人に1人がギタリスト。, ピアノは「親に言われて」、ギターは「演奏したい曲があった」「好きなミュージシャンの影響」など、ギターの方が“能動的”に開始。, 青春の思い出は60代「ビートルズ」、50代「吉田拓郎」、40代「サザンオールスターズ」、30代「Mr.Children」。, 本音では楽器を演奏したい人が約9割(87.7%)。特に50代は92.5%と高いニーズが。, チャレンジしたい楽器としては「サックス」、「ドラム」、「ピアノ」などの人気が高まる。, 「やるからにはうまくなりたい」人が大半(88.5%)。半数近く(42.9%)が大人向けの音楽教室への関心あり。, ■楽器体験は世代によって大きく異なる。50~60代にとっての楽器は「アコースティックギター」、30代にとっては「ピアノ」。特に50代のギター人気が高く、2人に1人がギタリスト。, 男性の楽器演奏の実態を把握するため、まず、学校の授業とは別に楽器演奏を始めた年齢を聞くと、大半が10代(63.5%)となっていますが、世代別の平均で見てみると、60代の18.3歳から順に50代は15.7歳、40代は14.6歳と、世代が若くなるほど演奏開始時期が低年齢化しています。30代になると13.0歳まで低くなり、10歳未満から楽器演奏を始めた30代は29.5%に上っています【グラフ1】。, 演奏したことのある楽器は、どの世代でもトップ3は「ピアノ」と「アコースティックギター」、「エレキギター」ですが、その人気順位は世代によって異なり、30代は「ピアノ」(43.0%)、「エレキギター」(32.0%)、「アコースティックギター」(24.0%)の順。40代は「ピアノ」(34.0%)と「アコースティックギター」(33.0%)が拮抗(「エレキギター」は30.0%)。50~60代は「アコースティックギター」が最多(50代54.0%、60代43.0%)となりました。50代の「アコースティックギター」は唯一の5割超えとなり、2人に1人が演奏するほどの人気ぶりです。ほかにも特徴として、その世代で突出して人気の高い楽器もあり、40代は「エレキベース」(18.0%)や「ドラム」(17.0%)、60代は「ハーモニカ、ブルースハープ」(17.5%)や「ウクレレ」(11.5%)など。60代は「ハーモニカ、ブルースハープ」と「エレキギター」(17.5%)が肩を並べています。【グラフ2】, 演奏したことのある楽器に対して演奏が上手いと思うか尋ねたところ、「『演奏できる』というレベルに至っていない」という、自分をとても下手だと自認する回答が3割前後となったほかの世代と比べ、50代では18.0%と低くなっています。, ■ピアノは「親に言われて」、ギターは「演奏したい曲があった」「好きなミュージシャンの影響」など、ギターの方が“能動的”に開始。, 楽器演奏を始めたきっかけについて尋ねると、40代以外は「好きな曲・演奏したい曲があったから」がトップにランクイン(40代も2位)。運命的とも言える曲との出会いによってだれもが楽器演奏に駆り立てられたようです。ほかに各世代の上位項目として、30代・50代は「好きなミュージシャンがいたから」、40~60代では「友人・知人の影響で自分から始めた」が挙がりましたが、特徴的なのは30代・40代の「親に習わされた」というもの。この世代あたりから子供の習い事として音楽が定着してきたと言えます。また、他の世代と比べて30代は「親の影響で自分から始めた」が多いため、楽器演奏の経験を持つ親が子供に影響を与え始めたことが傾向としてうかがえます。若い世代ほど親の存在が楽器演奏のきっかけに大きく関わっているのが実態です【グラフ3】。, 楽器によっても始めるきっかけが異なり、ピアノは「親に習わされた」(58.1%)、アコースティックギターは「演奏したい曲があった」(45.3%)、エレキギターは「好きなミュージシャンがいたから」(45.1%)がトップ。ピアノは受動的である一方、ギター系は能動的なきっかけが多いと言えます【グラフ4】。, ■青春の思い出は60代「ビートルズ」、50代「吉田拓郎」、40代「サザンオールスターズ」、30代「Mr.Children」。, 世代を問わず「音楽は青春の象徴」という人が多くいます(70.1%)【グラフ5】が、思い出となっているミュージシャンは世代によって大きく異なり、60代は「ビートルズ」、50代は「吉田拓郎」、40代は「サザンオールスターズ」、30代は「Mr.Children」が人気を集めています。各ミュージシャンの青春の一曲として、ビートルズは「イエスタデイ」や「レット・イット・ビー」、吉田拓郎は「夏休み」や「旅の宿」、サザンオールスターズは「いとしのエリー」や「涙のキッス」、Mr.Childrenは「イノセントワールド」や「HANABI」などが挙がりました。, ■本音では楽器を演奏したい人が約9割(87.7%)。特に50代は92.5%と高いニーズが。, 今回の調査対象者はみな、学校の授業とは別に楽器演奏の経験を持っていますが、そのうちの7割強(76.6%)は現在、楽器演奏をやめてしまっていると回答しています【グラフ6】。やめた理由の上位は「上達しなかったから」(34.4%)や「忙しくなったから」(32.5%)、「飽きたから/興味・関心が薄れたから」(29.7%)といったもの。しかし、一方では「できれば演奏してみたい」と回答した人が約9割(87.7%)に上り【グラフ7】、特に50代は92.5%と高く、楽器演奏の再開やスタートに前向きになっています。, なお、楽器演奏をやめている76.6%とは別に、15.6%の人は楽器演奏を一時中断したが今は再開していると回答しています。再開した理由の上位は「時間に余裕ができたから」(40.8%)や「楽器が手に入ったから・購入できたから」(14.4%)、「同じ音楽の趣味の友達が出来たから」(14.4%)といったものが挙がっていますが、ほかにも「好きな曲・演奏したい曲ができたから」(24.0%)と、初めて楽器を演奏し始めた当時の気持ちを思い起こした人もいます。, ■演奏経験のある楽器と比べ、チャレンジしたい楽器としては「サックス」(8.3ポイント増)、「ドラム」(8.2ポイント増)、「ピアノ」(8.0ポイント増)などの人気が高まる。, 演奏経験を持つ楽器のトップ3 には「ピアノ」と「アコースティックギター」、「エレキギター」が入りましたが、今後演奏してみたい楽器を尋ねても、トップ3は同様の結果となりました。しかし、その人気の順位は若干異なり、「ピアノ」は、演奏経験を持つ楽器としては32.3%でしたが、演奏してみたい楽器としては40.3%へと8.0ポイント増加、人気が高まっています。「アコースティックギター」は同38.5%から30.8%へ7.7ポイント減少、「エレキギター」は同25.1%から26.3%へ1.2ポイントの増加。「ピアノ」の人気ぶりが際立っています。ほかに、トップ3ランク外でも「サックス」が同3,8%から12.1%へ8.3ポイント増、「ドラム」が同4.4%から12.6%へ8.2ポイント増と、それぞれ人気が急上昇しています【グラフ8】。, 楽器を演奏することによってどのようなメリットが得られるでしょうか? 若い頃に得られたメリットと今から得られそうなものをそれぞれ尋ね、比較してみました。すると、若い頃のメリットとしては「達成感を得られる」(60.3%)や「継続することの大切さを知った」(59.0%)と、若さゆえの人生の教訓めいた、いわば心に関するものが上位に挙がりました。一方で今、期待されるのは「手先が器用になる」(80.9%)や「脳が活性化する」(80.7%)など、健康維持につながる身体に関するメリットです。, また、若い頃も今も変わらずメリットとなっているのは、コミュニケーションや交友関係の広がりに対するもの。若い頃は「共通の趣味の友人が出来た・増えた」(49.7%)、今は「趣味の合う友人ができる」(65.2%)や「違う世代の人とも仲良くなれる」(61.9%)が上位にランクインしています。また、「息抜きができる」(若い頃は58.0%、今は78.6%)や「ストレス発散」(若い頃は56.3%、今は76.3%)、「気分転換が上手になる」(若い頃は53.0%、今は73.7%)など、楽器演奏が日常生活のよいアクセントとしても効果を発揮していると言えます【グラフ9】、【グラフ10】。, ■「やるからにはうまくなりたい」人が大半(88.5%)。半数近く(42.9%)が大人向けの音楽教室への関心あり。, 楽器演奏を改めて始めるとしたら、「やるからにはうまくなりたい」という回答が88.5%に達し、10人に9人近くが上達を目的としていることがわかりました。72.8%は「基礎から学び直したい」と回答しており、高い意識で臨もうとする人が大半を占めています【グラフ11】。そこで、どんな人に楽器演奏を教わりたいか尋ねると、2人に1人は「プロの講師」(54.8%)を希望。「同性の友人」(26.8%)や「異性の友人」(18.8%)といった身近な存在も上位に挙がりました。「プロのミュージシャン」(20.8%)を挙げるほど強く意気込む人もいます【グラフ12】。, また、音楽教室に通うか尋ねると、3人に1人が「通いたい」(「現在、通っている」を含めた合計は32.5%)と回答。大人向けの音楽教室に興味のある人は約4割(42.9%)に上りました【グラフ13】。どのような音楽教室であれば通いたいかという質問に対しては、「自分のペースでレッスンできること」(54.0%)や「料金が安いこと」(41.8%)に続いて、「基礎からしっかりと学べること」(34.4%)や「講師の質が安定していること」(24.0%)といった、上達を目指せるレッスンの質を求める意見が上位にランクイン。学ぶことに対するイメージをしっかり持っている人が数多くいることが分かりました【グラフ14】。, 30~60代のどの世代でも、演奏する楽器として人気を集めているのは今も昔も「ピアノ」と「アコースティックギター」、「エレキギター」の3種類。なかでも昔に比べて、人気が高まっているのは「ピアノ」。ほかに「サックス」や「ドラム」の人気も上昇しています。, 楽器演奏の経験を持つ人の7割強が「上達しない」や「忙しい」といった理由で、現在やめてしまっているのが実状です。しかし、約9割は「楽器演奏をしたい」と感じ、時間や金銭の面で余裕が生まれつつある50代では9割超が楽器演奏をしたいという希望を持っています。一時的に中断し、再開した経験のある人は、時間や金銭面での条件のほか、「好きな曲・演奏したい曲ができたから」(24.0%)や「同じ音楽の趣味の友達が出来たから」(14.4%)という理由を挙げています。日頃から音楽を聴き、周囲の人と音楽について語り合うこともまた、楽器演奏を再開する大きなきっかけとなるでしょう。, また、楽器演奏のきっかけとして親の影響を受けるケースが若い人ほど多く、一方では現在30代の29.5%が10歳未満から始めているなど、開始時期は低年齢化が進んでいます。こうした時代の流れに合わせて、幼い子供のうちから楽器を演奏するきっかけを祖父母(おじいちゃんやおばあちゃん)がつくるというケースも増えてくるかもしれません。しかも、楽器を演奏することで得られるメリットとして、「手先が器用になる」(80.9%)や「脳が活性化する」(80.7%)などの健康維持につながるものが今後は期待されています。健康的に長生きすることを目指すうえでも、楽器演奏は中高年層に適したアクティビティだと言えます。, 「やるからにはうまくなりたい」という上昇志向が見られるのも楽器演奏の特徴の一つです。今回の調査では10人中9人近くが上達を目的とし、10人中7人は「基礎から学び直したい」と、本格的に取り組む姿勢でいます。2人に1人は「プロの講師」からの指導を望み、大人向けの音楽教室に対して興味を持った人は4割を超えました。音楽教室選びのポイントでは、受講料や受講システム、立地などの条件と並んで「基礎からしっかりと学べること」や「講師の質が安定していること」が上位に挙がりました。楽器演奏を始める際には、基礎からしっかりと身につく音楽教室でプロの講師からレッスンを受けることが第一歩となります。, 7割が「音楽は青春の象徴」だと実感しているなか、楽器の演奏に打ち込むことで青春をもう一度取り戻す……人生を謳歌するために楽器演奏を始めるのはまさに「今」だと感じる人は少なくないはずです。, ■本リリースに関するお問い合せ先 仕事中に音楽を聴くのはマナー違反! 9割弱もの男性が「これから楽器を演奏したい」。50代では92.5%にも。 ディスコブーム真っ只中の1970年代や、好景気に沸いたバブル期の1980年代に青春期を過ごしてきた世代の方にとって身近な存在であった「ディスコ」。, 新宿や六本木などの繁華街には超豪華な大型ディスコが幾つも営業しており、内装も今のクラブとは比較にならないくらいお金をかけている箱が多く、連日連夜若者らで大いに賑わっていました。, 今回はそんな、70年代から80年代に青春時代を過ごしてきた50歳代から60歳代以上の方におすすめな東京にあるディスコバーやクラブをご紹介します。, 結論から言うとあります。ただバブル期のような大型ディスコは少なく、その多くはキャパ100名未満の小箱。ディスコのように踊れるバーと表現したほうが分かりやすいので、界隈では「ディスコバー」とも呼ばれています。, 流す曲は店によってまちまち。70年台に流行った洋楽のディスコナンバーを中心に流す箱もありますし、未だに一部で人気のある80年代後期にブームとなったユーロビートやパラパラに力を入れているお店もあります。, 1986年に日比谷駅直結の東宝ツインタワービルに誕生した大型ディスコ「ラジオシティ」。都心のど真ん中にありながら地下2階層の吹き抜けというとてつもない解放感を有するディスコでした。 調査結果に関するお問い合わせ 担当:メディア営業部 大羽. テーブルナインは絢爛豪華なバブル期のディスコを知っている大人世代を十分満足させるだけの魅惑の空間と言えるだろう。, 東急プラザ銀座からすぐの電通通りに佇んでいる白い巨塔”646ビル”で営業するジニアスは、30代から60代以上までの多くのダンスマニアから愛されている大箱ディスコだ。, 平日は近隣の大企業で務める紳士やOLが仕事終わりに遊びに来ることが多い他、会員制クラブで呑んでいたちょいワルオヤジ風のお金持ちらがホステスを連れてアフターで訪れることも少なくない。, 選曲は日によりテイストは変わるものの、40代以上なら誰もが聞いたことのあるであろうダンスクラシックを中心に、ソウルやヒップホップなどをミックスしている。

三浦春馬 オーディション 子役, 細川たかし 長山洋子 ふたりのビッグショー 口コミ, 新築 買ってよかった 家電, ソファー クッション 交換 費用, Lineモバイル 速度, 一人暮らし 家電セット ヤマダ, 無印 エクステンションテーブル 口コミ, 新浦安 オリエンタルホテル デイユース, 錦織圭 生涯年収, スクラッチ 1000円分, 家具 リメイク 千葉, 家具修理 杉並区, ゆうかん 日本薬科大学, ヒロアカ 人気キャラ, タイバニ 二期, 建売 インテリアコーディネート, 価格 コム い, バヌアツ 地震 今日震央分布図 世界, 朝鮮ロコ-ノクドゥ伝 日本放送, ヤマダ電機 エアコン 20畳,