クレイ(赤), 全仏オープン(グランドスラム/フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレイ)男子シングルスの決勝戦で、世界ランク1位のノバク ジョコビッチ(セルビア)と同2位のラファエル ナダル(スペイン)が対戦。ナダルが6-0、6-2、7-5のセットカウント3-0でジョコビッチに勝利。全試合ストレート勝ちで通算13度目となる優勝を決めた。, 立ち上がりはジョコビッチのファーストサービスが決まらず、サービスキープに苦しむ中でナダルが次々とブレークを決める。さらにナダルの抜群の守備力とスピンの効いたショットに押されたジョコビッチはエラーを連発。第1セットで13本のエラーを記録したジョコビッチに対してナダルはわずか2本。6-0で第1セットを先取したのはナダル。, 第2セットは第1ゲームをキープしたジョコビッチだが、傾いた流れを変えることはできず、ナダルが第2ゲームから5ゲームを連取してジョコビッチを圧倒。セットカウント2-0と優勝に王手をかける。, 第3セットもナダルが先行するが、直後にジョコビッチがこの試合初のブレークで取り返す。ショットの精度が上がってきたジョコビッチは、サービスからの速攻も織り交ぜて簡単にはポイントを与えない。しかし第11ゲーム、30-40とナダルがブレークポイントを迎えた場面でジョコビッチが痛恨のダブルフォルト。サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第12ゲームを40-0としたナダルは、最後のポイントをサービスエースで決め、セットカウント3-0で勝利を収めた。, 全仏オープン4連覇、13度目の優勝を通算100勝目で達成したナダル。これが20度目のグランドスラム制覇となり、フェデラーに並ぶ歴代1位の数字となった。, 第1ゲーム、第2ゲームは互いにサービスキープ。第3ゲームではナダルがブレークポイントを握るもジョコビッチがキープ。第4ゲームをナダルがキープすると、第5ゲームはジョコビッチが3本のエラーでピンチを招き、ナダルがラブゲームでブレーク。しかし直後の第6ゲームでジョコビッチが初のブレークで追いつく。第7、第8ゲームは互いにキープし、ゲームカウントは4-4。第9ゲームでナダルがブレークポイントを迎えるがジョコビッチがキープ。第10ゲームをナダルがキープすると、第11ゲームでジョコビッチのダブルフォルトからブレーク。サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第12ゲームをナダルがキープして第3セットも獲得。3-0のストレートで優勝を決めた。, todo:(ページ名称)→リンク先のページ名称入る --> 試合日程一覧. キーワード: テニスの世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)は、パンデミックによるテニスの中断後3試合しかクレーコートでの公式試合を戦っていないが、それでも彼は「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)優勝の最有力候補であると言っていいだろう。伊ニュースサイトUBI Tennisがナダルのこれまでの「全仏オープン」での偉業を報じた。, 昨年までのナダルの「全仏オープン」での通算勝利数は93試合。2位のロジャー・フェデラー(スイス)が70勝と、なんと23もの差をつけている。世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)はナダルについて言った。「ローマでは準々決勝で負けたって、やっぱりナダルが優勝の最有力候補だよ。彼がここで持っている記録、出してきた結果を考えれば、当然だ」, ナダルと「全仏オープン」の熱い関係は2005年、ナダルがまだ18歳の時に始まった。まだグランドスラムの決勝に進出したことがなかったナダルは第4シードだったが、優勝までに3セットしか落とさなかった。最後の3ラウンドでダビド・フェレール(スペイン)、フェデラー、マリアノ・プエルタ(アルゼンチン)を次々と破ったナダルは、テニスのオープン化以降6人目のスペイン人選手の全仏チャンピオンとなった。, ナダルは後に語った。「2005年に初めて“全仏オープン”に出場した時も、いつもと同じように一試合一試合に集中して戦った。でもそれまでの大会と同じぐらい良いプレーができれば、チャンスはあるとわかっていた」, 「僕はエネルギーに溢れていたし、若かったから不要なことには気が付かなかった。大事な時に難しいボールに追いつくことができたし、それらを力強くリターンできた。集中して、ものすごい情熱をもってプレーしていた」, テニスのオープン化以降で「全仏オープン」初出場で初優勝を遂げたのは二人、2005年のナダルと1982年のマッツ・ビランデル(スウェーデン)だけだ。, デビューから15年間に、ナダルは大会最多記録である12回の優勝を遂げている。その間にナダルが優勝しなかったのは2009年(4回戦敗退)、2015年(準々決勝敗退)、2016年(3回戦前に怪我のため棄権)の3回だけだ。ナダル以前に最多優勝の記録を持っていたのは、1900年代初頭に活躍したマックス・デキュジス(フランス)の8回だった。, ナダルの全仏での戦績は95戦93勝、勝率にして何と97.9%。ナダルに勝ったのは2009年のロビン・ソダーリング(スウェーデン)と2015年のジョコビッチの二人だけで、どちらも決勝まで勝ち進んだが優勝はしていない。, 2008年、2010年、2017年に、ナダルは途中1セットも落とすことなく優勝を遂げた。他に1セットも落とさず優勝したチャンピオンは1973年のイリー・ナスターゼ(ルーマニア)とビヨン・ボルグ(スウェーデン)が1978年と1980年の2度、その2人だけである。2008年の決勝ではフェデラーを相手に6-1、6-3、6-0と、ナダルが勝利した決勝の中でも最も一方的な試合だった。, 15年の間にナダルが「全仏オープン」でフルセットを戦ったのは2回だけ、2011年1回戦のジョン・イズナー(アメリカ)との試合と、2013年準決勝でのジョコビッチ戦だけだ。イズナーは第1セットを取られた後、第2セット・第3セットを連取してナダルに対し1セットのリードを奪ったのだ。だがナダルは巻き返し、6-4、6-7(2)、6-7(2)、6-2、6-4で勝利した。, 2013年のジョコビッチとの準決勝は4時間30分を超える死闘だった。だがこの時もナダルは6-4、3-6、6-1、6-7(3)、9-7の激闘を制した。ナダルが「全仏オープン」でプレーした総セット数は304で、そのうち277セットを取っており、セット取得率は91%に上る。, ナダルが「全仏オープン」だけで獲得した賞金は、合計で2205万1715ドル(約23億2822万円)。これがどのくらいの数字かというと、男子テニス選手で生涯獲得賞金がこの数字を上回っているのは21人しかいない。フェデラーが8回優勝している「ウィンブルドン」で得た金額は1871万9106ドル(約19億7692万円)、ジョコビッチがやはり8回優勝している「全豪オープン」で得たのは1988万5780ドル(約21億53万円)だ。, ナダルの生涯獲得賞金は1億2104万4734ドル(約127億8596万円)で3位だが、その約5分の1(18.2%)を「全仏オープン」で稼いでいることになる。, ※写真は2019年「全仏オープン」でのナダル(Photo by Quality Sport Images/Getty Images), 9/27(日)開幕!現地の感動と興奮をWOWOWで連日生中継!熱戦必至、今年最後のグランドスラムは見逃せない。, ナダルのコーチ、ジョコビッチのコーチの決勝前発言をチクリ。「僕らのチームはそのようなことは言わない」, (Photo by Quality Sport Images/Getty Images), 錦織圭 肘の状態は「ほぼ100%かなと思う」。全仏OP2回戦は世界74位トラバグリアと対戦へ. 検索, Grand Slam ナダルが「全仏オープン」でプレーした総セット数は304で、そのうち277セットを取っており、セット取得率は91%に上る。 6.賞金も荒稼ぎ ナダルが「全仏オープン」だけで獲得した賞金は、合計で2205万1715ドル(約23億2822万円)。� 全仏オープン(グランドスラム/フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレイ)男子シングルスの決勝戦で、世界ランク1位のノバク ジョコビッチ(セルビア)と同2位のラファエル ナダル(スペイン)が … 全仏オープンテニス wowowで連日生中継! 9/27(日)開幕!現地の感動と興奮をwowowで連日生中継!熱戦必至、今年最後のグランドスラムは見逃せない。 全仏オープン2020.10.11. 全仏オープン4連覇を達成し、喜びを爆発させるナダル(ロイター) 全仏オープン4連覇を達成し、ガッツポーズするナダル(ロイター) Sponsored 赤土のコート上で絶大な強さを持ち「クレーキング」の異名を持つテニスの元世界王者ラファエル・ナダル(スペイン)は、先日の「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)2回戦でもその強さを遺憾なく発揮。その勝利を、なぜかバーガーキングが喜んだ。ウェブメディアEssentially Sportsが伝えている。, その試合でナダルは6-1、6-0、6-3という快勝だったが、対戦相手の名前がマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)だったのだ。バーガーキング・フランス社はナダルがライバル社と同じ苗字を持つ選手に勝ったことを喜んで、マクドナルド社の宣伝文句「まだお腹すいてる?(Still hungry?)」まで使い、二人の試合結果に「ラファエル・ナダル、あなたは多分まだお腹がすいている(満足していない)だろう」とコメントをつけてツイートした。, もちろんハンバーガーとは関係なく、ナダルはまだ満足はしていないだろう。彼はこの大会で優勝すれば、ロジャー・フェデラー(スイス)の持つグランドスラム男子シングルス最多優勝記録の20回に並ぶのだから。, だが「全仏オープン」12回優勝という同大会での最多記録を持つナダルにとっても、今年の大会は一筋縄ではいかない。パンデミックの影響で9月末の開幕となったので、気温が低い上に雨も多い。今年から変更になったボールは重く、観客数は1日1000人に制限されているので声援もわずかだ。, 今年の大会はナダルがこれまで出場してきた「全仏オープン」の中でも、多分最も条件の厳しい大会だろう。その中でナダルは13回目の優勝を掴めるだろうか。, ※写真は「全仏オープン」でのナダル(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images), 9/27(日)開幕!現地の感動と興奮をWOWOWで連日生中継!熱戦必至、今年最後のグランドスラムは見逃せない。, ナダルのコーチ、ジョコビッチのコーチの決勝前発言をチクリ。「僕らのチームはそのようなことは言わない」. Paris,フランス クレーでの圧倒的強さを見せ2年連続2度目のGS優勝!クラウィーツ &.ミースvsパビッチ & ソアレス/全仏OP男子ダブルス決勝 ラファエル・ナダル・パレラ(Rafael Nadal Parera カタルーニャ語: [rəfəˈɛɫ nəˈðaɫ pəˈɾeɾə] スペイン語: [rafaˈel naˈðal paˈɾeɾa], 1986年6月3日 - )は、スペイン・バレアレス諸島州マナコル出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス85勝・ダブルス11勝を挙げる。身長185cm・体重85kg。

大塚家具 トラブル, 闇芝居 おじさん 正体, ヴィンテージ家具 オンラインショップ, 三浦春馬 城田優 音楽の日, 福山駅 ホテル, 宇多田ヒカル 2001, イオンウォレット 使い方, 中南米 地震, タイバニ 映画 配信, インターネットアクセスなし 接続できる, Wimax 解約 違約金 払わない, 固定電話 強制解約 同じ番号, インテリア雑貨 大手, ディッグ 家具, オクトパストラベラー オーケストラ コンサート, 2ちゃんねる 話題, 五木ひろし 代表曲, ミニロト 当たる人, 千賀滉大 年俸 安い, アドリブ 2016, ドリームジャンボ 大阪 売り場, 家具 たくさん 見れる, 火球 ツイッター, ロト6 ブログ, Gボーイズ 歌, Iphone Se 第一世代 新品, モーダエンカーサ セール, 丸テーブル 120cm, Wowow ドラマ 地上波, Auかんたん決済 エラー Mple0001, 宮廷女官 攻略 選択肢, 歌うま選手権 2019,