【進撃の巨人】ユミルの性別は女?正体・過去やクリスタとの関係を解説. ユミルはどうしてクリスタを守るのか?性格も外見も背反するユミルとクリスタですが、二人の間にある不思議な関係性は何か?ユミルとクリスタに共通する過去とは何か?ユミルとクリスタの本当の正体とは?ユミルがクリスタを守る理由も含め、二人の関係性を徹底考察します! ユミル2期のとこで惚れた。コニーとの絡みが好き。ヒストリアと幸せになってくれ4.ヒストリア性格のゆがんだ感じが好き pic.twitter.com/uatjx8LOyY, 2期のアニメ版によって勇ましくかっこいいユミルに惚れたという人は多いようです。お調子者で元気いっぱいのコニーとの絡みのシーンが好きだと感想を寄せている人もいます。また、同じような境遇で育った辛い過去を持っているクリスタ(ヒストリア)とは幸せになってほしいと願っている人もいました。辛い境遇を生きてきた彼女ですが常に前向きで生命力溢れる生き方に共感している人もいたようです。, #進撃の巨人好きと繋がりたい#進撃の巨人進撃の巨人のシーズン1見てたんだけど…ユミルエンドロールだとそばかすって表記されてて草wwwユミルって名前が今後重要になっていくからそばかすだったのかな…?にしてもそばかすって…www pic.twitter.com/JjOtLhcCO9, 進撃の巨人のシーズン1を見ていた際にエンドロールで戦闘技術が高いユミルの名前が「そばかす」となっていたことで驚いた人は多かったようです。彼女の名前が今後重要になってくるということでそのように名付けたのだとしてもさすがに「そばかす」にしなくてもと思った人もいました。また、頬にそばかすがいっぱいあるユミルのキャラクターが一番好きだと感想を寄せている人もいます。. 「三年前、一族の後継者争いに巻き込まれ邪魔者扱いを受けた末、生き延びる為唯一与えられた道として兵団に入団した」というのが壁教関係者の語る彼女の素性だった。 顔の中央に前髪が一房垂れているのが特徴。 温和な性格で小柄であるが、第104期訓練兵団を10番で卒業した実力の持ち主。 10巻で、奪われた本名(リンク先ネタバレ)が明らかとなった。, 「感想」とどう付き合えばいい?趣味は1秒でも長く楽しんだ者が優勝/カレー沢薫の創作相談. 面倒見が非常に良く、体調を崩した仲間を進んで介抱したり食べ物を分け与えるなど、心優しい献身的な行動が顕著である。 本来は10番以内で卒業できるような実力を持ち合わせておらず、本人も順位を聞いた瞬間に「私が10番の筈がない」「何を評価されたのかわからない」と戸惑いを隠せないでいた。実力的にはユミルが上位に入る筈であったが、彼女がクリスタを憲兵団に志願できる10番以内に入れるよう、周囲を蹴落としながら順位を調整していた為で、クリスタもそのことに薄々気付いている。, その正体は、「ある秘密」を公に話す権利を持つ一族の直系。 進撃の巨人で勇ましく男らしい雰囲気を漂わせているユミルは、性別が女性なのか男性なのか判断しにくいキャラクターとして姿を … 百合ネタになるほど、いつも一緒だったユミルとクリスタ。ユミルは、なぜ、自分の命を投げ出してクリスタを守ろうとするのでしょうか?ユミルの言動や周囲の証言から、クリスタに対する想いを考察してみました。, 訓練兵時代から、いつも一緒にいた2人。 金髪碧眼の美少女で、誰にでも優しいクリスタは、男子の憧れの的でした。そのクリスタの傍らには、常にユミルがいて、憎まれ口をたたきながらも、クリスタを守っていました。, クリスタの訓練修了時の席次は10番。憲兵団に入団する資格を得ていました。しかし、クリスタは、 明らかに自分よりも能力の高いユミルが10番以内に入っていないことに疑いを抱いていました。ユミルが何らかの手を使って、順位を入れ替えたのではないかと考えていたのです。, ウトガルト城で、装備もないまま巨人に追いつめられた104期。最後まで戦い抜いた上官たちの戦死を目のあたりにして、クリスタは自分も「戦って死にたい」と口にします。, ユミルは生きることを諦めたクリスタを強く責め、クリスタを守るために自分の意志で巨人化します。, ユミルは、圧倒的に不利な状況で、塔に群がる無数の巨人たちと命がけで戦います。ユミルの巨人が命がけで戦う姿を見て、クリスタはユミルへの信頼を取り戻します。, エレンと一緒に、ライナー、ベルトルトにさらわれたユミルは、“故郷”に連れて行かれる前に何とかして逃げ出し、クリスタの元に戻ろうと考えていました。ライナーは、 彼らの“故郷”にユミルを連行するのと引き換えに、クリスタを守ることを提案します。, “故郷”に行けば、おそらく自分の命はない、しかし、クリスタを壁内から逃がしたいユミルは決断します。, ライナーたちとユミルは、「壁内に先はない」ということを共通認識として持っています。ユミエルは、クリスタを守るために自分の命を犠牲にしても壁外に送る必要があると考えていたのです。, 出典:http://xn--u9j0iobn4l602qghwqxlvrc8teh88n.com, ユミルは、追ってきたクリスタを、ライベルの“故郷”に連れて行かせようとします。そして、簡単には納得しないクリスタに、「自分の命を助けるために同行して欲しい」という嘘までついて説得しようとします。, 雪山の訓練中に凍死しかけた同期の兵士を、見捨てずに連れ帰ろうとするクリスタ。二重遭難になるから諦めるよう説得するユミルは、クリスタの潜在的な自殺願望を指摘します。そして、クリスタの境遇を知っていることを打ち明けます。正確には、ユミルは不遇な少女の存在を知り、その少女とめぐりあうために訓練兵となったのです。, 自分とクリスタの生い立ちが似ていると言うユミルは、クリスタが自分の名前を変え、消極的ではあっても、自分を殺そうとしていることを強く責めます。, ユミルは、ひそかに巨人の力を使って崖を駆け下り、   凍死しかけた兵士を麓に連れ戻します。どうやったのかを知りたがるクリスタに、いつかその方法を教えたら、元の名前を名乗って生きることを約束させます。, 巨人と戦っていたユミルが力つき、巨人たちに食い尽くされそうになったとき、調査兵団が到着します。ボロボロの状態で巨人の体から助け出されたユミルに、クリスタは伝えます。, 瀕死といえる状態なのに、かすかに、しかし満足したような微笑を浮かべるユミル。ユミルのこんなに穏やか笑顔は初めてです。ユミルの願いはクリスタが自分を偽らず、前を向いて生きることだったのです。, 巨人化する前に、ユミルは自分の願いをクリスタに伝えています。クリスタが圧力に屈して自分を押し殺していることが許せないのは、ユミル自身が似たような境遇であり、自分なりに精一杯戦ってきたからなのです。, 追撃してきた調査兵団の中にクリスタがいることを察したユミルは、エレンとユミルを連れて逃げることを優先しようとするライナーとベルトルトに、クリスタも一緒に連れていくよう脅迫します。, 彼らの“故郷”に行ってしまえば、二度とクリスタと生きて会うことはできないかもしれない、ユミルは居ても立ってもいられない気持ちになったようです。ユミルにとっても、クリスタとの関係は利害関係や打算ではないことがわかります。, エルヴィン団長とアルミンの策でエレンを奪い返され、ライナーは巨人を投げつけるという反撃に出ます。混乱する中、コニーに救い上げられたクリスタは、「ユミルを助けるため、自分はあちら側に行く」と伝えます。, 同期としてユミルとクリスタをよく知っているコニーは、自分の保身のためにクリスタを巻きこもうとすることが、ユミルの普段の言動と矛盾していると指摘します。コニーって、バカキャラみたいに言われていましたが、実は着眼点がよく、いつも冷静な指摘をしています。お勉強は苦手でも、直感的な頭の良さをもっていると思います。, エレンが座標の力に目覚め、形勢は完全に逆転しました。その場にいた巨人たちが鎧の巨人を襲い、反撃はおろかベルトルトを守りきるすら難しくなりました。調査兵団が退却を始める中、ユミルはクリスタに別れを告げ、ライナーたちに合流して行ってしまったのです。, エレンを奪還して壁まで戻ったときには、出発した時に憲兵団を含めて100名以上いた追撃部隊が、40名程度にまで数を減らしていました。ユミルを助けに行くと主張するクリスタに、エレンは、ライベルに囚われていた間のユミルの様子を伝えます。, コニーと同じくエレンも、ユミルは常にクリスタの為を思い、ライナーたちに連れ去られたように思えなかった、という意見でした。, ライナー、ベルトルトからエレンを奪還しに来たのは3年間寝食を共にし、励ましあってきた仲間たちでした。問答無用で「敵認定」してくるミカサをはじめ、 全員、ライベルには言いたいことが山ほどあります。 ライナーは巨人化していますので、 ひとり矢面に立たされたベルトルトは耐え切れず、悲痛な言葉をしぼりだします。, ベルトルトの心の叫びを聞いたユミルは、彼らのつらい心情に共感してしまったようです。, エレンの意志に従った巨人たちから、どうにか逃げきった3人。ベルトルトに「なぜ来たのか」と問われたユミルは、「お前の声が聞こえたから」と答えます。, ユミルは、嘘をつくことや人を殺すことに苦しみながら、使命を果たそうとしている2人に同情してしまったのでしょう。, クリスタが真の王家であるレイス家の血をひいているところから、何らかの利害関係が存在するかと考えていました。しかし、ユミルの言動をふりかえってみて、クリスタに対する行動は情以外の何ものでもないという結論に至りました。, 友情、愛情、同情、いずれにしても、ユミルは、日頃の口の悪さや皮肉っぽい言動とは裏腹に、とても 情の深い女性 であると言えると思います。クリスタだけでなく、ライベルに対する共感がその裏づけです。, 故郷組の手に落ちたユミルはどうなったのでしょう?ユミル自身に多くの謎があり、彼女の口から語られることが今後のストーリーの鍵となっていくと思われます。無事でいることを期待しています。, ※投稿したコメントは管理者の承認後に表示されます。承認には数日かかる場合があります。, http://xn--u9j0iobn4l602qghwqxlvrc8teh88n.com. 外見が整っていることもあり「神様」「女神」などと呼ぶ者もいるほど。また、気品があり可愛いと評判。作者によれば104期の女子の中では一番モテるとのことで、同期の男子からの人気は圧倒的に高い。ちなみに男子で一番モテるのはライナーだが、そのライナーもクリスタに好意を抱いている。 体力は人並以下であるが、馬術に長けている。頭脳も優秀なのだが、頭脳戦は得意ではない様子。 4.「ユミル」と「クリスタ」が仲良しな理由が感動的だった… ユミルは教会の世話を受けながら生活しましたが、そこでクリスタなる人物の情報を得ます。 彼女が壁の秘密を知る一族と関わりを持ち、自分と 同じ境遇を経験している ため興味を抱きました。 「クリスタ・レンズ」という名前は放逐される際に与えられた偽名である。 進撃の巨人で勇ましく男らしい雰囲気を漂わせているユミルは、性別が女性なのか男性なのか判断しにくいキャラクターとして姿を現しています。頬にはたくさんのそばかすがあり、黒髪で鋭い目つきをしているため男性に間違われることも多かったのです。また、戦闘技術が高くきつい言動を放つユミルは、的確に相手の心理の裏側を嗅ぎ分ける鋭い嗅覚も持っていました。そこで、性別が女性なのか男性なのかわかりにくいユミルの正体や過去、献身的に行動することができるクリスタとの関係を解説していきます。, 進撃の巨人の第9巻・第37話において姿を現したユミルは、その時点では名前すらも不明な謎が多い人物という印象を放っていました。性別すらはっきりわからない正体がわかりにくい存在でもあったのです。しかし、特別な何かを背負っているような不思議な雰囲気もありました。男性的な見た目をしているユミルですが、アニメ版においては原作とは雰囲気がガラッと変わり女性らしい魅力が演出されています。, 進撃の巨人で計算高い性格のユミルは、自分の価値観を人に押し付けたり人を見下したりするところもありました。しかし、気品があり献身的に相手を思いやって行動することができるクリスタに対しては戦いの際に助けたり勇気付けたりするような言動もしています。そこで、性別が不明だと評判のユミルの隠されている正体や背負っている過去、同期の間では一番モテる可愛らしいクリスタとの関係をご紹介していきましょう。, コーエーテクモゲームスによって2016年2月18日に発売されたゲーム「進撃の巨人」が大人気となったために続いて2018年3月15日には「進撃の巨人2」も発売され話題を呼びました。別冊少年マガジンによって2009年10月号から連載がスタートした「進撃の巨人(しんげきのきょじん)」は、1億部(2019年12月の時点)の世界累計発行部数を達成し漫画の他にもさまざまな関連作品が制作・販売されています。, 2020年4月の時点では31巻まで単行本で刊行された進撃の巨人は、大分県出身の漫画家である諫山創さんによって描かれた漫画となっており現在も連載中です。進撃の巨人は週刊少年マガジンでも2度特別編が掲載されている作品で、人間を捕食する巨人とさまざまな民族との激しい戦いがグロテスクで残酷な描写で描かれているダーク・ファンタジーとなっています。, 人間を喰らう巨人が出現したことで人間は、シーナ、ローゼ、マリアなどの巨大な三重の城壁を建設しました。その巨大な壁によって人間は100年の間、巨人に襲われることなく生活することができたのです。しかし、外側の城壁が巨人によって壊されてしまいました。そのため、無鉄砲な性格のエレンが大好きな心優しかった母親は巨人によって死亡します。勇敢な性格の彼は母の仇を討つべく訓練兵団に入ることを決めました。, 14歳の頃に第104期・訓練兵団へ入団したユミルは、鋭い目つきと頬のそばかすが印象的な戦士となっていました。進撃の巨人で性別が女性なのか男性なのかわかりにくいと言われているユミルですが、アニメ版では原作とは異なり女性らしい雰囲気を漂わせています。そのため、アニメ版においては性別を間違えることもないでしょう。気品があって男性からも女性からも人気があるクリスタとはトロスト区奪還戦で一緒に戦っています。, きつい言動が目立つユミルですが、戦闘能力は非常に高く周囲からもかなり高い評価を得ていました。抜群の戦闘技術を誇っているユミルは、104期の同期の中では上位10位に入るほどの実力の持ち主だったのです。洞察力に優れている彼女は、簡単には見抜くことができない相手の心理の裏側まで的確に見通し嗅ぎ当てる鋭い嗅覚も持っていました。また、温和でかわいいクリスタを庇って戦うなど心優しいところもあったのです。, 意外な過去を持つユミルは、スラっとした長身に頬はそばかす、キリっとした印象を与える黒髪の見た目だったために周囲からは男性のように勘違いされることも多かったようです。戦闘技術も非常に高く同期の男性よりもずば抜けた才能を持っていました。そのため、一見男性のように見えるユミルは性別がわかりにくいキャラクターとして話題を集めていました。, 計算高く狡猾な性格を持っているユミルは、素晴らしい洞察力を持っていたために、相手が隠そうとしている心理の裏側まで見抜く力も持っていたのです。しかし、自分勝手な思い込みも非常に激しいユミルは、自分を主と考えている傾向があり、兵士としてとても重要な部分が欠けているとも上司からは言われていました。そこで、中性的な見た目によって性別がわかりにくいと言われているユミルの性別をご紹介します。, 長身で中性的な雰囲気を漂わせているユミルは、男性と性別をよく間違えられていました。そんな彼女の性別は女性となっています。戦闘技術が高く優れた戦士のユミルですが、主としての自分を重要視しており自分以外の主に従うのを好まない傾向がありました。そのため、優秀な戦闘技術を持っているものの兵士として最も必要で重要な部分が欠けているとも言われていたのです。, スラっとした身長を持つユミルは、女神と呼ばれているクリスタと並んで歩くとまるでカップルのようでもありました。それくらい男性に間違えるほどスラっとかっこいい身長と見た目を持っていたのです。また、破天荒で天衣無縫な性格を持っているサシャ・ブラウスを使い走りに使用したり、探求心に富んでいるアルミン・アルレルトを見下したりするところがありました。, 原作においては男性的な雰囲気を漂わせているユミルですが、アニメ版においては女性らしい色っぽい雰囲気を醸し出しています。そんな正体がわかりにくいユミルの性別は女性となっていました。同じ女性であるクリスタは女神のようだと周囲に言われており男性からもモテモテでしたが、ずる賢い性格の彼女はそんな純粋なクリスタの献身的な性格を利用して付け入るなど、利用価値のある者を徹底的に利用するところがありました。, 自分の価値観を重要視しているユミルは、どんな人間でも自分の価値観に照らし合わせて評価し利用するところがあったのです。しかし、初任務においては勇敢な男らしい姿を見せています。約50%の確率で戦死する可能性のある調査兵団への入団を勇ましい性格のユミルは即座に決意していました。そのため、単に自分勝手で利己主義な性格だけでもないようです。, さらに、彼女は世間ずれしているような時にきつい言動をすることがありますが、洞察力に優れている彼女だからこそ見抜くことができる、彼女なりのアドバイスだということが次第にわかっていきました。周囲への気遣いなど一切していないようなぶっきらぼうな雰囲気を漂わせていますが、心優しく相手を思いやることもできたのです。, 「絶望の中で鈍く光る」の第5話で初登場したユミルは、調査兵団として活躍していましたが意外な過去を持っていました。一見若者のように見えるユミルですが、75歳を超える年齢を持っているともされていたのです。そのため彼女の意外な過去や出生の秘密、正体などに注目が集まるようになります。彼女の過去はかなり悲惨なものだったことが仲間であるクリスタへ宛てた手紙の内容で記されていました。, 物心がつくようになった頃のユミルはすでに周囲の大人たちと同様に物乞いをして暮らす生活をしていたのです。名前もなく、自分の両親が誰でどこから来たのかさえ全くわからない状態でした。悲惨な過去を持つユミルは、壁の外の世界であるマーレ大陸で生まれたようです。いつものように物乞いをしていた彼女にある男が近づいてきました。彼は物乞いをしていた彼女に「ユミル」と名付けたのです。, 生い立ちもわからない彼女が「ユミル」と名乗るようになった瞬間から周囲からは大切にされるようになり、温かい寝床も与えられるようになります。第122話では、巨人が誕生するきっかけを作ったユミル・フリッツの正体が明らかになっていきました。エルディアの繁栄に貢献してくれたユミル・フリッツの存在はエルディア人にとってはかけがえのないものだったのです。そのため、同じ名前の彼女は大切にされるようになります。, 名前もなく物乞いをしていた過去を持つユミルは、「ユミル」という名前を与えられたことによって人生が一変します。温かい食事とベッドを与えられるようになったのです。しかし、その人物を演じていることがマーレ政府に知られたことで彼女はさらに悲惨な過去を持つことになります。エルディア人にとっては重要人物であったものの、マーレ大陸を管理しているマーレにとっては危険人物だったのです。, 過去に行われたエルディア帝国と現在マーレ大陸を支配しているマーレ大国との巨人大戦を知らない彼女は、自分に名前を付けた男性に裏切られ、マーレ政府に捕まることになります。捕まった彼女はマーレ市民から石を投げられるという辛い目に遭うことになったのです。彼女は巨人化する薬を投与されたことで巨人となります。パラディ島(楽園)へ送られた彼女は始祖奪還組のライナーたちと遭遇しました。, そこには機転の良さと十分な体力を持っていたマルセル・ガリアードは「顎(あぎと)の巨人」として姿を現します。彼との戦いに勝利した彼女はマルセルを捕食することで「顎(あぎと)の巨人」の力を身体に宿すことができたのです。マーレ政府によって巨人化されていた彼女は人間の姿を取り戻し、さらに顎の巨人の力を手に入れたという過去を持つことになります。それによって壁の内側へ侵入することができたのです。, 仲間を庇ったマルセルを捕食したユミルは、再び人間の身体と自分の意志で使用することができる顎の巨人の力を手にすることができました。そのため、壁の中へ侵入することができたユミルは、訓練兵として活動することになります。超大型巨人によって引き起こされたシガンシナ区襲撃事件が起こったことでそれに関わっていくことになりました。, 104期訓練兵団として活躍することになった彼女は、心優しく温和な性格のクリスタと出会います。複雑な過去を持っている彼女の正体はヒストリア・レイスだったのです。本名を隠し正体を気付かれずに生きてきたクリスタにも壮絶な辛い過去がありました。雪山で訓練を行っていた104期訓練兵団ですが、仲間でいつも不安そうな表情をしているダズが動けなくなってしまいます。, また、女神のような気品のあるクリスタが実は妾の子として辛い過去を持ち訓練兵に追いやられたことを知ったユミルは、彼女を先に基地へ戻らせました。その後巨人の姿になった彼女は動けなくなってしまった臆病者のダズを担いで崖から降り、無事に基地へ戻ったのです。ロープも何もない状態で仲間を連れて崖から降りてきた彼女に疑問を持ったクリスタはその秘密を自分が本名を名乗ることを条件に教えてもらいます。, 女型の巨人との戦いがストヘス区で始まろうとしていた以前、104期訓練兵団のメンバーである面倒見がよく責任感の強いライナーや、丸坊主頭で自分を天才と自称しているコニー、身体能力が非常に高いベルトルト、温和で女神と呼ばれているクリスタ、ポニーテールのかわいい少女であるサシャ、そばかすの頬を持つユミルは真ん中の壁であるウォール・ローゼの南の方角にいました。, 2番目の真ん中の壁として存在しているウォール・ローゼに突然巨人が現れたとの知らせを聞いたユミルら104期訓練兵団の仲間達は住民を安全な場所へ避難させるために馬に乗って誘導していきます。住民を安全な場所へ避難させた後は、壁のどの部分が傷つけられたか穴があいていないかを確認する作業に取り掛かりました。しかし、壁の損傷は見つからず穴はあいていないようでした。, 夜になってしまったために104期訓練兵団のメンバー達はウトガルド城に泊まることにします。そこでは仲間たちと一緒に食事をしながら疲れを癒していました。お調子者のコニーが自分の母親に似ている巨人を見つけたと言い出したことで、チビなコニーの話に大笑いして馬鹿にしたような言葉を発していたユミルですが、正体が謎なところが多い彼女は冷静なライナーに話しをごまかそうとしただろうと指摘されています。, ウトガルド城に備蓄されている食料をユミルが漁っていると、そこに冷静沈着な性格のライナーがやってきました。彼女が持っていた缶詰めに驚いていたライナーでしたが、そんな時巨人が城を襲ってきたのです。ウトガルド城が壊されそうになったため辛い過去を持つユミルはとうとう巨人となりその正体を明らかにします。彼女は巨人になる直前に本名や正体を隠しているクリスタに温かい言葉を残していました。, 彼女の人生に口出しする権利はないが自分の願望としては過去を乗り越えて胸を張って生きるようにとの言葉だったのです。その言葉を残したユミルは巨人となって城を襲ってきた巨人と戦いました。しかし、圧倒的な数の巨人を相手に戦ったユミルは死にそうになります。そこへ駆け付けた猪突猛進な性格のエレンや寡黙な美少女のミカサによって助かります。重傷を負ったユミルの傍に駆け寄ったクリスタは自分の本名を伝えました。, 戦闘技術が非常に高いユミルは、ウォール・ローゼの壁に戻ったことでリーダー的な存在であるライナーや主体性に欠けるベルトルトの正体を知ることになります。戦いにおいて重傷を負い意識を失ってしまったユミルは超大型巨人に捕まってしまいました。無鉄砲な性格のエレンと一緒に気弱な性格のベルトルトや周囲からは兄貴分として慕われていたライナーによって拉致されることになります。, 彼らを拉致したライナー達は巨大樹の森で一旦休憩を取ることにしました。彼らはタイミングを見極めて故郷に帰る予定だったのです。献身的に周囲に気を配ることができるクリスタを助けたいユミルは、自分を拉致した頼りがいのある性格のライナー達に協力することにしました。調査兵団が巨大樹の森にやってきた際には素早く心優しいクリスタを連れ去っています。, 才能に溢れているライナー達が逃げる中、調査兵団は非常に強い正義感を持っているエレンを奪い返そうと知性を持っていない無垢の巨人を多数繰り出して攻撃を仕掛けてきました。大混乱な状況となりますが、座標の力を使いこなすことができるようになっていたエレンは有利に戦うことができたため調査兵団が優勢となります。壁内に残るか彼らと共に行くか迷ったユミルですが、最終的には心を許したクリスタに別れを告げました。, 相手の心理の裏側を見通すことができるユミルは、最終的には自分達を拉致した仲間思いで責任感が強いライナーや臆病な性格でありながらなんでもそつなくこなすことができるベルトルトらを助ける道を選んでいます。マーレに帰還することで辛い運命を再度受け入れることになりました。彼らを救った理由は彼らの過去や境遇を知っているのは自分だけだったからとも自分が馬鹿だからとも発言していました。, 彼らを助けたユミルは、マーレに帰ったことで再び残虐なエルディア人として扱われることになります。彼女がマーレに戻った際の描写は詳しく描かれていませんが、現在の顎の巨人を受け継いでいるポルコの記憶のシーンで姿を現していました。レイス卿の礼拝堂地下のような場所にひっそりと手足を縛られたユミルの姿があったのです。彼女の前にはかつて顎の巨人の継承者だったマルセルの実弟であるポルコの姿がありました。, 現時点ではファミリーネームであるガリアードと呼ばれているポルコが顎の巨人の力を受け継いでいることからも、顎の巨人の力を受け継いでいたユミルは彼によって捕食されたと考えることができます。彼女はさまざまなエルディア人の過去や正体を知っていく中で自らの運命を受け入れ自らの意志によって巨人になる変身の力を継承したようです。, 第89話では鋭い嗅覚を持っているユミルは、エルディア人にとっては偉大な存在である「ユミル・フリッツ」と同じ名前となっていますが、その正体は彼女とは全く関係がなく別人だということが明らかになっています。三重の壁の外で誕生し物乞いをしていたユミルはエルディア人ということははっきりとわかっていますが、物心ついた時から1人だったためにその正体は本人ですらもわからなかったのです。, そんな彼女はエルディア人のある男によって祀り上げられ「ユミル」として生きることになります。彼は偉大なフミル・フリッツを崇拝していたために無名な物乞いをしていた彼女を祀り上げることで満足していたのでした。信仰対象となった彼女は周囲から大切にされ、物乞いをしていた時よりも素晴らしい生活を手に入れることができたのです。そのため、しばらくの間は幸せな日々を送ることができました。, 訓練兵となってクリスタと出会った際も自分の正体を語った時に、かつての信仰対象だった時代も悪くはなかったと感想を漏らしていたのです。しかし、それがバレてマーレ政府に捕まってからは巨人化の注射をされパラディ島(楽園)へ送られ60年の間は知性を持っていない無垢な巨人として彷徨うことになりました。しかし、マーレの戦士を務めていたマルセルを捕食したことによって人間の姿に戻り力も手に入れクリスタと出会います。, 統率力のある頼れる存在だったマルセルを喰ったユミルは、無垢な巨人から九つの巨人の1人である顎の巨人の力を手に入れます。人間の姿に戻ることができた彼女は壁内に容易に侵入することができました。戦闘技術が高かった彼女は104期生の訓練兵となることで、本名や正体を隠して生きなければならなかったクリスタと出会い調査兵団として一緒に働くことになります。, 壁の内側に忍び込んだ彼女は第二の人生を送ることに成功しました。教会で孤児として生活を送ることができたのです。そこで生活しているうちに女神のようにかわいいクリスタが三重の壁の秘密を握っている一族と繋がりがあることを知るようになります。改名されて訓練兵団に送られたクリスタに興味を抱いた彼女は自分も第104期訓練兵団へ入ることを決意したのです。, 自分と似たような境遇のクリスタに対して興味を抱いた彼女は、献身的に行動することができるクリスタをよく観察しながら次第に近づいていきました。初めは馬鹿にしていた彼女ですが純粋なクリスタの正体や性格を知るうちにいつの間にか心を許し、大切にしたい存在へと変化していったのです。, 全ての巨人の母となる、エルディア人にとっては偉大な存在である「ユミル・フリッツ」は、かつて奴隷として働いていましたがある失敗をしたことで国外に追放されてしまいます。幼い少女にとっての国外追放は死罪と同じ意味でした。森の獣たちに襲われ食べるものもなく重傷を負っていた少女は大地の有機物に存在していた悪魔と契約を交わしたことによって凶悪な巨人の力を手に入れたのです。, 彼女の力はエルディア帝国を建国するために使用され、かつて彼女を国外へ追放した国王も自分の妃として迎えています。そして3人の娘を産むことになりました。しかし、戦いの最中に国王に放たれた矢を自らの命を犠牲にして受けたことで死亡してしまいます。自分の命を救ってくれた彼女に対して国王はあくまでも奴隷として扱い、自分の娘たちに彼女の力を受け継がせるために母親を捕食させたのです。, そして死んでも尚奴隷として生き続けるという壮絶な人生を送った人物でもありました。しかし、英雄としての彼女の存在しか知らないエルディア人は彼女を神のように崇拝していたのです。そのため、彼女の存在を信仰の対象にし、孤児であった無名の少女にユミルと名付けたのでしょう。第89話では、同じ名前を持っている2人ですが全くの別人であることが明らかとなっていました。, 打算的でずる賢い性格を持っているユミルは、性別が不明なキャラクターとして原作では姿を現していますが、アニメ版では魅力的な女性として描かれています。心を開くことができたクリスタとは仲良くなっていきましたが、最終的には辛い別れが待っていました。しかし、前向きに生きることができた彼女は本名を名乗れるようになったクリスタに大きな希望を与えることができたのです。, そんな彼女のキャラクターは高く評価されておりかわいいグッズも発売されるようになりました。そこで、かわいいキーホルダーやストラップ、彼女のコスプレを楽しむことができるコスプレグッズなどをご紹介していきます。, 洞察力に優れているユミルのかわいいグッズとしてはキーホルダーや携帯用ストラップなどが人気となっています。上記の画像のキーホルダーは木製のボードに可愛らしいユミルのイラストが刻まれている木製ストラップとなっていました。, その他にも、仲良しとなった女神のようなクリスタと凛々しくかっこいい姿のユミルが描かれているアクリルマスコットキーホルダーも販売されています。キーホルダーや携帯用ストラップ、缶バッチなどは種類も多く手ごろな値段で学生でも気軽に購入することができるため好評のようです。, 戦闘技術が高いユミルのコスプレを楽しんでいる人も意外と多いようです。彼女のコスプレを楽しむためには上記の画像のようなコスプレ用ウィッグが欠かせません。セミロングの人であればコスプレ用ウィッグがなくても地毛でコスプレが楽しめるかもしれませんが、より本格的にコスプレを楽しみたい人は上記の画像のようなコスプレ用ウィッグがそれほど高くなく販売されていますので上手に活用するのもいいでしょう。, そばかすの頬を持ち男性のようにスラっとした長身のユミルは、原作では男性のような雰囲気が漂っており中性的なキャラクターとして注目を集めていましたが、アニメ版においては女性らしい雰囲気が描かれるようになったためにすぐに女性と見分けることができるようになりました。, 彼女の声を担当した藤田咲さんによってさらに女性らしい要素がパワーアップしたと言えるかもしれません。そこで、鋭い嗅覚を持っているユミルの声を担当した藤田咲さんのプロフィールや主な出演作品をご紹介します。, 鋭い目つきで勇敢な性格のユミルの声を担当したのは声優の藤田咲さんです。日本ナレーション演技研究所に2003年に入所した藤田咲さんは、同年に開催された「VOICE ARTIST&SINGER AUDITION『VSオーディション2003』」というポニーキャニオン主催のオーディションに参加し、審査員特別賞を受賞しました。翌年の2004年には「声優志望の大学生」というアニメTVにおいて2代目のリポーターに抜擢されています。, 2005年に本名から現在の藤田咲という芸名を使用するようになりました。大学を2007年3月に卒業した藤田咲さんは、本格的に声優として活動していきます。2008年9月には「Crystal Quartz」というシングルを発売し歌手デビューをしました。日本ナレーション演技研究所を卒業することになった彼女は、現在のアーツビジョンに正式に所属することになり幅広く声優や歌手として活躍するようになります。, 声優の藤田咲さんの主な出演作品には、つよきす Cool×Sweetの蟹沢きぬ役や、ときめきメモリアル Only Loveの弥生水奈役、がくえんゆーとぴあ まなびストレート!の小鳥桃葉役、夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜の七海アオ役、WORKING! 作業のおともに進撃の巨人を久しぶりに見返しているのだけれど泣けて仕方ない。ユミル.. 作業をしながら久しぶりに進撃の巨人を楽しんでいる人もいるようです。久しぶりに見返して感動してしまった人は泣けて仕方がないと感想を寄せていました。その理由として物乞いをしていた時代や最終的に自らの意志で死を決意するユミルの存在に心を打たれて泣かずにはいられない人もいたようです。, 身体能力が高く洞察力もずば抜けているユミルは、長身でかっこいい雰囲気が漂っていたため男性のキャラクターによく間違えられる中性的な要素を持っていました。原作ではかなり性別の見分けが付けられない要素が多いですが、アニメ版においては女性らしい魅力が放たれるようになります。同じ境遇を持つ仲間たちを助けたことで最終的に命を落としていますが、自分の人生を納得して潔く閉じているようでもありました。, 【進撃の巨人】ユミルの性別は女?正体・過去やクリスタとの関係を解説のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 単行本累計発行部数8,500万部を突破! 別冊少年マガジン連載 『進撃の巨人』 の公式サイト。, 『進撃の巨人』に登場するジャン・キルシュタインの声優を務めたのは、声優以外でも幅広い活躍を見せている谷山紀章です。本記事では『進撃の巨人』にてジャン・キルシュタインの声優を務めた谷山紀章にスポットを当て、『進撃の巨人』のジャン役以外の谷山紀章のアニメ出演作品や演じたキャラクターを紹介していきます!声優以外にもGRANR, エルヴィンとは進撃の巨人の作中でカッコイイシーンを多く見せてくれた人気キャラクターです。そんなエルヴィンは右腕を巨人に食われるというシーンがありました。エルヴィンは進撃の巨人のでどんな風に右腕を食われてしまったのか、そしてエルヴィンの最後の死亡シーンなどについてご紹介していきたいと思います。エルヴィンは「進め!」という, 『進撃の巨人』に登場するアニはマーレの戦士で、その正体は女型の巨人でした。そんなアニはトロスト区奪還作戦の後に「ごめんなさい」と誰かに対して謝っているセリフがありました。この記事では、『進撃の巨人』でアニは一体誰に「ごめんなさい」と謝っていたのか、ルースやマルコなどアニが謝る対象となった人物の考察を紹介します。また、「, 巨人と人間との戦いを描き大ヒットを博した漫画『進撃の巨人』は、2015年に三浦春馬主演で実写映画化されています。実写版『進撃の巨人』のヒロイン、ミカサ・アッカーマンを演じたのはモデルとしても活躍している水原希子でした。本記事では、ミカサ・アッカーマン役の水原希子のプロフィールや出演作品、また「ひどい」と言われる実写映画, アニとは進撃の巨人に登場するかわいい女の子キャラクターです。クールビューティーな女の子キャラクターとして活躍するアニは、かわいいので人気キャラクターですが実は隠された正体なども有ります。そんなアニというキャラクターのかわいい魅力・髪型・正体等を画像と一緒にご紹介していきます。進撃の巨人の作中でもかなり重要人物となってい. ユミルとはそうした一面を非難されながらも、それを含めて無二の親友とも呼べる存在であり、よく一緒に行動している。 但し正当な血筋(正統)ではなく妾の子である。 ユミルはクリスタを目視出来なくても、第六感的なものでいることを感じている様子だったから(その点ライナーは全くわからなかった様子)やはり2人の間には愛情や友情を越えた唯ならぬ繋がりがありそう … アニクールで自分でかよわい乙女って言っているのもいい3. ライナーとベルトルト、そしてユミルの3人は巨人化できるにしろ、仲間とは言い難いですが、彼らの共通の認識として「壁の中では未来はない」という事実でした。 温和な性格で小柄であるが、第104期訓練兵団を10番で卒業した実力の持ち主。 金髪碧眼の少女。顔の中央に前髪が一房垂れているのが特徴。 !の伊波まひる役、蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-のヒュウガ役、新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATIONの発音ミク役、CONCEPTIONのフェミルナ役などがあります。, #進撃の巨人唐突の進撃の巨人の推し紹介1.アルミン元々私は頭がいいキャラ好きなのでどんぴしゃだった。2. しかしその献身的な態度はユミルの癪に障っているようで、彼女からは「いいことをしようとしている」と善人ぶった偽善的な言動と見られている。またエレンも彼女の笑顔が貼り付けられたものだと見抜いており、クリスタに対して積極的に関わろうとはしなかった。 追撃 してきた調査兵団の中にクリスタがいることを察したユミルは、エレンとユミルを連れて 逃げる ことを優先しようとするライナーとベルトルトに、クリスタも一緒に連れていくよう 脅迫 し … しかしそれとはやや異なる、より暗くて悲惨な事実が52話において判明(リンク先ネタバレ)する。 クリスタがユミルの娘だという視点は持っていませんでした。すごいですね! 最終話の「お前は自由だ」がスッと入ってきます! もし、あなた様(なんと呼べばよろしいでしょうか? なぜユミルはクリスタを連れて行かなかったのか.

ビッグローブ 解約 つながらない, Au ワイモバイル 乗り換え, 佐藤隆太 柳沢慎吾, 床嶋佳子 世田谷, スマホゲーム 板 スレッド一覧, ヘリング 魚, 無印 折りたたみテーブル 椅子, せりしゅん 犬蹴る, 宝くじ 100枚, 宝くじ 抽選方法 矢, バイオ ハザード 7 レジデント イービル ニンテンドー スイッチ, ヒロアカ 士傑高校, 印西 牧の原 建設予定, 南大沢駅 アウトレット, リンク ライフ 強制解約 違約金, Wimax 下り速度とは, 横浜 スタバ みなとみらい, 全米オープンテニス 2020 放送, 山佐 タイバニ, ニトリ マットレス Nスリープ 持ち帰り, ホテル セレナーデ 口コミ, イギリス雑貨 福岡, Uqモバイル プラン変更, 宝くじ ゾロ目, ソフトバンク 日本シリーズ, ロト7 色付き 出目, 石川さゆり 娘, イチロー 年俸, ニトリ 池袋 コロナ, 柳田悠岐 インスタ,