機器-アースー地面-N側という経路に電気が流れてしまいます。 無料でご利用いただけるデモ版をお気軽にお試しください。 ということです。 照明を追加する時にVVF2芯線の配線は、照明器具のN側は白ですか?, 電気工事の資格がないと施工できませんので電気工事店にご依頼してください 電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む, 単相交流と3相交流の違いが知りたいです。 白はは真ん中と決まっているのでしょうか?, 一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。 次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか? 例えばコードが損傷したのを知らないで触り感電したなども電気の流れとしては同じです。 普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。 6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。 これは全く別のものです。 単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。 購読は≪無料≫ですのでお気軽にご登録ください。 これは接地した側がループになっていないからです。接地してない側(線)に触ると、人体から地面を介して接地を通り電源に帰ります。ここで凄く絶縁のいい靴を履いて触った場合は感電しません。(常に電流は電源側に帰ります、大地に行きっぱなしと云うことはありません、流れないようにすれば感電しません)また、接地した側を触っても感電しません。なぜなら電位差がないので。 >また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、 いるとの事ですが、ここで疑問です。 しまう場合は、EARTH端子からシャーシへつなげない方がよい結果が得られるかもしれません。, メールアドレス: >これはそちら側に接地(アース)がついているということなのでしょうか? 素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。 高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。 どう違うのでしょうか? PSIMを使う上で知っていると便利な情報やセミナー情報をお届けします。 一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、 このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない 大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。 本がおおく、なかなか理解しにくいかもしれません。, 頒布基板は、GNDが既にパターン上でちゃんと引かれているため、あまり意識せずに これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に

いるとの事ですが、ここで疑問です。 まあ、その名の通り、グランドがループ状になっているってことなのですが、どういう現象が起こるのか、何が悪いのか、そのメカニズムまでキッチリと述べているのはあまり見かけません。, 小さいループでは、そのループがアンテナになってノイズを拾うとも言われています。確かにコンポとかに付録されるAMアンテナはループアンテナといって、10cm四方程度のプラスチックフレームに電線をグルグルと巻いただけの代物です。あれで電波を受信しています。, そうは言っても、機器内の小さなグランドループは、ループ面積も小さく、シャーシが金属ケースで出来ていれば、機器内部で発生する電波を受信するに過ぎません。(デジアナ混在の機器の場合は無視できないほどの影響力があります。), それよりも、機器内の場合は、トランスなどの磁気エネルギーからの輻射でハムが発生する方が問題になってきます。 簡単に言ってしまうと、コイルで発電しているようなものです。, グランドループが巻き数1回のコイルとして作用するのです。無理に1点アースにしようと、複数枚の基板からGNDを引っ張って1点で落とす。でも信号にそってもGND線が飛んでいる。そこでグランドループができてしまいます。, 入力部やボリュームあたりでシャーシに落としておいて、でも出力のGNDリターンもシャーシに繋げたいなんて思ったりすると、こういう事がおきてしまいがちです。 一応1点アースを守ろうとしている様子が伺えますが、上記のグランドループの罠にはまっています。, このグランドループに電流が流れると、それぞれのアンプの中心点が異なるため電圧差を増幅するような動作となり、ハムノイズが発生するという仕組みです。, シャーシが小さかったり、トランスが入っていないような機器だと、問題はあまり表に出てこないことがありますから、ハム音などが聞こえなければ気にすることもないでしょう。, 例えば、CDプレーヤとDATをそれぞれ、プリメインアンプとRCAケーブルで接続します。そして、CDからDATへとSPDIFで繋ぐと、この3つの機器間でグランドループが出きてしまうでしょうか?, 実は、こういう場面は、あらかじめ想定されるのでSPDIFは絶縁トランスを介して信号の受け渡しをするように規格化されていて、GNDは繋がらずループはできません。電子楽器に使われるMIDI通信もそうです。音声ラインとMIDIラインとを、アンプやミキサー、PCなど繋いでいくと機器間のGNDループが生成されやすいので、MIDI通信規格では絶縁することになっています。, さてさて、前回のGNDのお話で、オーディオ機器はコンセントのアースに対してフローティングであるといったのですが、もしOAタップのようにアース線があるような機器だったらどうなるでしょうか?, コンセントのアース線を介して、アンプ、CD、とRCAケーブルのGNDとで大きなグランドループができてしまいます。, こういう理由もあってオーディオ機器のシャーシはコンセントのアースには接続せずにフローティングしてあるのです。, あまり意識してこなかったGNDですが、こうしてまとめてみると意外に奥が深いですね。. 他は自由に使ってOK。, 気になったのでどなたか教えてください。



>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか? また、各相は発電したときから決まっているのですか? まともに動かないと思います。 >蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは > 1端子のプローブを使用していることも1つの原因です。, 1端子のプローブは基準電位とプローブが接続されている点との電位差を

基準電位を置いた1端子のプローブを接続している回路の結果と >(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)