本来、「スマトラ島沖」はスマトラ島北西沖からスマトラ島南東沖までの広い範囲を指すが、2004年12月26日にマグニチュード9.1の地震が発生して大きく報じられて以来、「スマトラ島沖地震」はこの地震のことを指す場合が非常に多くなった。 Geological Surveyより。, [FORECAST – データ解析による地震予測の合同会社イイチロ] 2020/08/05 06:48, [FORECAST – データ解析による地震予測の合同会社イイチロ] 2020/07/26 22:44, [FORECAST – データ解析による地震予測の合同会社イイチロ] 2020/07/21 19:51, [FORECAST – データ解析による地震予測の合同会社イイチロ] 2020/07/17 13:42, [FORECAST – データ解析による地震予測の合同会社イイチロ] 2020/07/15 09:49. スマトラ島沖地震(スマトラとうおきじしん)は、スマトラ島周辺で起こる大きな地震の名称。スマトラ沖地震、スマトラ地震とも通称される(後者についてはスマトラ島内で発生した地震との使い分けに留意)。複数の地震が発生しているため、本項ではスマトラ島周辺で起こる地震の全体の概要を説明する。なお、単にスマトラ島沖地震という場合、通常は2004年に発生したマグニチュード9.1の地震を指すことが多い。, ミャンマーから大スンダ列島、小スンダ列島、ティモール島にかけて、インド・オーストラリアプレートとユーラシアプレートがぶつかり合うスンダ海溝(ジャワ海溝)がある。ここは世界有数の地震多発地帯で、スマトラ島周辺では100年から150年の周期で大きな地震が繰り返し発生している。過去から地震を多数経験してきており、2000年代に入ってから発生した上記の地震もその一連の流れの一つである。, 過去の記録では901年頃にMw 8.9と推定される地震、1797年にスマトラ島中部沖でM 8.4と推定される地震、1833年にスマトラ島南部沖でMw 8.9と推定される地震、1861年にスマトラ島北部沖でMw 8.5と推定される地震などが起きている。, 2004年の地震では、スマトラ島北西沖からアンダマン・ニコバル諸島にかけてのプレートの境界(ジャワ海溝)が1,000km超にもわたる巨大な範囲でずれ、一気にマグニチュード9を超えるエネルギーが解放された。これにより周辺のユーラシアプレートにかかる力が大きく変わり、2005年の地震などを誘発[注 1]しているものと考えられている(「スマトラ島沖地震 (2004年)#地球への影響」も参照)。インドネシアで2004年以降地震が急増しているのは、このためではないかと見られている。なお、地震の種類としては2009年の地震(海洋プレート内地震)を除き、プレート間地震(海溝型地震)となっている。この他、スマトラ島の沖で発生したものではないが、2013年にはスマトラ島内(北部)でもM 5.9の直下型地震が発生している(スマトラ島地震)。, 本来、「スマトラ島沖」はスマトラ島北西沖からスマトラ島南東沖までの広い範囲を指すが、2004年12月26日にマグニチュード9.1の地震が発生して大きく報じられて以来、「スマトラ島沖地震」はこの地震のことを指す場合が非常に多くなった。, これらの地震により火山活動も活発となっており10以上の火山で地震が増加[2]、2006年5月と2010年10月にはムラピ山が噴火に至っている。また巨大地震の頻発により、トバカルデラにおける破局噴火に繋がる可能性も懸念されている[3]。, 1797年、1833年、1861年 - 2000年 - 2004年 - 2005年 - 2007年 - 2009年 - 2010年4月 - 2010年5月 - 2010年10月 - 2012年1月 - 2012年4月, ロンボク島地震 (2018年7月) - ロンボク島地震 (2018年8月5日) - ロンボク島地震 (2018年8月19日) - ロンボク島地震 (2019年3月), ジャワ海溝 - ビルマプレート - インド・オーストラリアプレート - スンダプレート - スマトラ断層, Magnitude 8.6 - OFF THE WEST COAST OF NORTHERN SUMATRA, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スマトラ島沖地震&oldid=75156365. インドネシアは「環太平洋火山帯」という太平洋盆地の、火山と断層線の円弧上の上に位置しており、この地帯は地震が発生しやすい。 2004年12月、インドネシア西部のスマトラ沖でのマグニチュード 9.1の大地震により、十数カ国で2 3万人が死亡した。 国内全有感地震・海外主要地震の解説、地震予測も。地震データ解析システムの合同会社イイチロ提供. The 2004 Sumatra earthquake, occurred at 00:58:53 UTC on December 26, 2004, followed by the Indian oceanic tsunami was the largest earthquake in magnitude of M 9.0 in the world since the 1960 Chilean earthquake. インドネシアの地震と津波による死者の総数は数千人に拡大する可能性があると国家副大統領は述べた, この時、パルのビーチでは、観光客たちによる夕暮れのビーチフェスティバルの準備が進められていた。津波が後退した後、海へと引きずられた人たちが, Increase of Earthquakes in the last decade, (大ざっぱな計算では 20世紀全体の日本での地震による死者数は約 2万人。21世紀は東日本大震災だけでそれを超えているため), なぜ、ジョン・レノンの「世界は正気ではない者たちに支配されている」という言葉が今も重要なのか, 世界の科学者たちが導入中止の運動を続けている 第 5 世代移動通信規格「5G」の人体へ及ぼす強力な影響の真実, Death toll in Indonesia from earthquake and tsunami could reach into the thousands, nation’s vice president says, 《衝撃あるいは安心》最新の遺伝子解析により、新型コロナウイルスは「台湾、アメリカ、日本ですべて完全に異なる遺伝子を持っている」ことが判明。そして昨年以来、何度も日本に入り、多くの日本人がすでに感染・治癒済みである可能性が, クラカタウ…カトラ山、そしてイエローストーン…。地球を代表する「モンスター火山」が次々と噴火や、その予兆を見せる夏の終わり, アメリカ建国以来で最も寒いハロウィーンだったかもしれない2019年10月。全土の7000以上の観測地点で「低温の新記録」が樹立され、ミニ氷河期状態はさらに進行中, 新型コロナウイルスへの「ロックダウンという愚行」のほどを、強固な封鎖を貫徹する英国と、ほとんど何もしないスウェーデンの数字の比較から見てみる, 「子どもに抗生物質を使ってはいけない」 : デンマークで行われた世界最大規模の調査により、幼少時の抗生物質の使用は若年時の精神疾患と強く関係することが明確に, 「地球の生命にとって重要な化合物が宇宙から来ている」ことの具体的な証拠が、ハワイ大学の最新の研究によって明らかに, 地球の上層大気層「熱圏」が異常な寒冷化により、さらなる「崩壊」の傾向を見せていることをNASAが確認。過去に例のないこの大規模な異変は何を引き起こす?, 自由を履き違えた「魔術的思考」が世界中に拡大する中、対立と憎悪と暴力の時代は今始まったばかり, ルドルフ・シュタイナーは、「将来、喉は人間で最も重要な器官=生殖器になる」と述べていたことを知りましたが、しかし今は喉が検査により何百万人もグリグリと傷つけられている世界で, 2008年の論文にすでに出ている「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)、そして次世代のコロナウイルス SARS-CoV-3」の意味がよくわからないですので、おわかりになる方にお願いします, 偶然?それとも… : PCR検査のメソッドは、人間の鼻の奥で発見された「新しい臓器」を直撃している, 乳幼児の「人の顔認識の成長過程」がマスクにより崩壊することにより「人間なんてみんな同じ」というオール失顔症社会がもたらされる日はわりとすぐ, 夢に感染するパンデミック : フィンランドの研究で判明した「ロックダウン下で共有される悪夢」, 「健康という宗教」が世界中に拡大する中で強行された医療戒厳令。今や、医療と健康概念は神であり宗教となっているという現実, パンデミックは実質的に終わっているのに、いったい私たちはどこへ連れていかれようとしている?, 「永遠に心のフィールドで踊り続けて」 : PCRの発明者であるノーベル賞学者キャリー・マリス博士が述べていた抗ガン剤のメカニズム, 病気の子どもが多すぎる。そしてさらに肺疾患が増え、アレルギーが増え、骨折する子どもたちが増えていくのを看過しろと?, なぜ子どもたちの骨折が急激に増えているのかを調べてわかった「マスク、太陽光不足、過剰な消毒がすべて骨の脆弱化と関係している」こと, マスク社会がもたらす「本当のディストピア化が何か」に気づいた。それは表情を学ぶ機会を失った赤ちゃんたちによる「人の感情を理解しない人々の社会」の誕生, もし、あなたがコロナうつやパニック障害になった際にはどうするべきか。あるいは予防するには? メンタルヘルスの改善に確実に関係する三つの要素について. fumihiko imamura. -21世紀, インドネシア, 地球, 地震, 数千人, 死者, 津波. 今回の震源から距離100km以内と比較的近い位置では海外時間(UTC)2020年04月06日にインドネシアでM5.0の地震が今回の震源からは約60km離れた場所で起きており、2004年12月26日には約53kmの距離でM9.1のスマトラ島沖地震が記録されている。 ・2004年 2月7日. The Spatio-temporal Context of the December 26, 2004 Aceh-Andaman Earthquake, Chilean Quake May Have Shortened Earth Days, All text is available under the terms of the, 安藤雅孝・名古屋大学環境学研究科附属地震火山・防災研究センター長によると、ビルマプレートに対するインドプレートの沈み込み速度が年間2センチ程度で今回のすべり量が30メートルであることから、同様のM9クラスの超巨大地震の歪蓄積にはおよそ1000年前後必要だと報告している(日本応用地質学会 平成17年度研究発表会)。, 12月28日、アメリカ合衆国地質調査所は、この地震によってプレートが最大で約30メートルもずれ、. Copyright © 2020 地震NEWS. Was Nagapattinam hit by a tsunami in 900 AD? 2月17日の日本バイオデータさんによるツイッターへの投稿より ・日本バイオデータ その新型コロナウイルス解析論文表紙 ・med-mec.com   12月以降に「妙に長い軽い風邪」を引いた日 ... クラカタウ火山の激しい噴火を伝える9月23日の報道より ・theepochtimes.com   夏の終わりと共に急激に活溌化し始めた3つのモンスター級火山 9月23日 噴火するクラカタウ火 ... 信じがたい気温と降雪に見舞われていた2019年10月のアメリカ ・electroverse.net 過去100年以上の寒波の記録が次々と更新される 先日、以下の記事で、10月下旬のアメリカの広い範囲で ... 4月11日。週末を桜の木の下で楽しむスウェーデンの首都ストックホルムの人々 ・TT News Agency/Anders Wiklund   お花畑的思考の世界の中で 以前から「強固な都市封 ... 2019年2月22日の米メディア「カンバセーション」より ・How childhood infections and antibiotics may increase risks of mental ... 10月23日に最新のメルマガを出させていただきました。タイトルは「次世代コロナウイルス(SARS-CoV3)がやってくる」というものです。ご案内ページはこちらです。, また、「まぐまぐ大賞2020」の投票が10月16日から始まりました。どなたでも、ご投票できますので、よろしくお願いいたします。投票ページはこちらのページの左上のリンクにあります。, 《お知らせ》 浅川 嘉富さんとオカによる対談本が出ます。それに関してのご紹介記事はこちらとなります。, 黙示録的な今日の一枚 トルコ北東部に出現したレンズ雲(アルトウィン 2020年10月22日) ・fobosplanet, 米シカゴ大学から食物アレルギーの研究の結果から、「酪酸菌」に効果がある重要な結果が発表されました。, 日本では、下の製品で酪酸菌を摂取することができます。ご本人あるいはお子様が食物アレルギーや不耐性を持っている場合、試してみる価値があると思います。その論文をご紹介している In Deep の記事はこちらです。. インドネシアにおける今回の地震について. インドネシアは地震多発地帯として知られていた。2000年のスマトラ島沖地震と、この後に起こった2004年のスマトラ島沖地震はこの地域で進行する時代の地震活動の始まりを告げたとも言われてい … 2004年 インドネシア・スマトラ沖地震津波の被害-我が国の防災対策への教訓-devastating damage due to the 2004 sumatora earthquake tsunami -lessons for japan-今村文彦1. 1正会員 工博 東北大学教授 大学院工学研究科附属災害制御研究センター 本震; 発生日: 2004年 12月26日: 発生時刻: 7:58:53(現地時間) 0:58:53(UTC) 持続時間: 約500秒: 震央 インドネシア スマトラ島 バンダ・アチェ南南東250km 北緯3度18分57.6秒 東経95度51分14.4秒( 地図 … 日本時間2020年10月19日18:38 M5.1 インドネシア(深さ約13km) インドネシア・スマトラ島西沖ではM5を超える規模の地震が相次いでおり、10月19日に既に3回発生していた。 スンダ海溝のプレート境界では、2004年12月にm9.1の超巨大地震が発生しました。 この地震はスマトラ島北端からアンダマン・ニコバル諸島(インド領)へかけて断層の長さ1,300km というもので、それによる津波はインド洋周辺各国を襲い、犠牲者23万人という史上最悪の津波被害が発生しました。 All Rights Reserved. スマトラ島沖地震(スマトラとうおきじしん)は、インドネシア、スマトラ島南方沖で現地時間の6月4日23時28分に発生したモーメントマグニチュード7.9の地震[1]。アメリカ地質調査所(USGS)によると、死者103人、重軽傷者は2174人に上っている。730回を超える余震が発生している。, 2000年代のスマトラ島沖地震の中では最初のもので、最も南に位置していた。この後、この地域では2004年スマトラ島沖地震、2005年スマトラ島沖地震、2007年スマトラ島沖地震、2009年スマトラ島沖地震などが続いている。, インドネシアは地震多発地帯として知られていた。2000年のスマトラ島沖地震と、この後に起こった2004年のスマトラ島沖地震はこの地域で進行する時代の地震活動の始まりを告げたとも言われている。この付近では1797年、1833年、1861年にも大地震が発生している。上記の地震群は、オーストラリアプレートとスンダプレートの境界で起きたとみられているが、今回の地震は2009年のスマトラ島沖地震のように、沈み込んだオーストラリアプレート内の内部で発生したと考えられている。この地震では、津波の被害が発生しなかった。, 本震の11分後の余震はM6.5で、最大余震と見られている。少なくとも103人が死亡し、2174人が重軽傷を負った。インドネシア政府によると死者は120名以上に上っている。インドネシア赤十字社は重傷者が788人、軽症者が1709人だと報告した。政府は被災者の数は急速に増えたと報告している。, ブンクル州では多大な損害と地すべりが起こり、エンガノ島も軽度な被害を受けた。もっとも被害の大きい村では、数百の建物が全壊したと報告された。しかし、ジュネーヴの国際赤十字赤新月社連盟のピーター・ウォーカーは死因のもっとも大きな理由は地震ではなく、その後の不衛生に起因する病気によるものだとしている。「実際地震の被害はそれほど大きくなかった。家や木の倒壊、破壊はそれほど多くなかった。しかし、彼は風土病であるマラリア、伝染病がはびこるのを見た。また、死亡数と罹患率は容認出来ないほどの量であった。これは地震でなく、人災である」[2]。, 救援では倒壊した電信柱に阻まれ、物資の補給が滞った。影響のあった地域で主な問題となったのは水の補給と地震によって電線が切れていたことで途絶えていた電気の供給であった[4]。法王であったヨハネ・パウロ2世は地震で被災した家族に「心からの悔やみ」を表明した。また、この地震に対し迅速な国際的対応を求め、犠牲者に対して祈りをささげると表明した[5]。台湾の救援隊が被災者のもとに送られ、救護努力を担うために最初に到着した国となった。アメリカはすぐに博愛的救助組織に25,000アメリカドルを寄付し、日本は140,000アメリカドルの補助金を提供し、オーストラリアは143,000ドルと二人の緊急救済審査官のチームを提供した[6]。, 1797年、1833年、1861年 - 2000年 - 2004年 - 2005年 - 2007年 - 2009年 - 2010年4月 - 2010年5月 - 2010年10月 - 2012年1月 - 2012年4月, ロンボク島地震 (2018年7月) - ロンボク島地震 (2018年8月5日) - ロンボク島地震 (2018年8月19日) - ロンボク島地震 (2019年3月), ジャワ海溝 - ビルマプレート - インド・オーストラリアプレート - スンダプレート - スマトラ断層, Magnitude 7.9 SOUTHERN SUMATERA, INDONESIA, http://www.guardian.co.uk/science/2000/jul/06/weather.environment, “Photo Essay 6/8/2000 - Earthquake in Indonesia”, http://www.time.com/time/daily/special/photo/sumatra/, “Indonesia appeals for help following Sumatran earthquake”, http://www.rte.ie/news/2000/0605/quake.html, http://www.taipeitimes.com/News/local/archives/2000/06/08/39186, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スマトラ島沖地震_(2000年)&oldid=79132284. Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved. 2007年スマトラ島沖地震(スマトラとうおきじしん)は、2007年 9月12日インドネシア西部時間18時10分26秒 に、スマトラ島の南部沖で発生した地震である。 モーメントマグニチュード(Mw)は8.5 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 16:28 UTC 版), この2004年スマトラ地震におけるマグニチュード9.1は、1900年以降でチリ地震に次いで2番目に大きい規模である。これはモーメントマグニチュード (Mw) であり、ハイチ地震(Mw7.0)の約1,400倍、2003年十勝沖地震(Mw8.0)の約40倍、東北地方太平洋沖地震(Mw9.0)の約1.4倍に相当するエネルギーである。, また、アメリカ地質調査所 (USGS)の暫定発表で当初マグニチュード8.1と発表されていたが、次にマグニチュード8.5、さらにマグニチュード8.9と発表されたあと、9.0に修正された。さらにその後、アメリカ・ノースウェスタン大学などの研究グループにより、9.3に再修正された。, 2012年現在、USGSではマグニチュード9.1としている[2]。最終的には米ノースウエスタン大学と同程度の値になる可能性もある。これは、震源地でプレートが3回にわたって南から順にずれ、そのずれの継続時間が6 - 7分にわたったためと見られている。, 震源域は研究機関によって異なり、およそ1,000 - 1,600キロと長さをもつ。地震後のGPSや実地調査では、スマトラ島北西沖にあるニアス島からインド領のアンダマン諸島北端までの広範囲で隆起・沈降・水平移動といった地面のずれ(変位)が観測されている。国土地理院の分析によれば、震源域はミャンマー領ココ諸島(英語版)とアンダマン諸島北端の間付近から、ニアス島の北西に位置するシムルー島(英語版)北部までの約1,320キロとされている[4]。, 平均を取って約1,300キロだとしても、日本列島沿岸の海溝にあてはめれば銚子沖から得撫島南方沖あたり、あるいは銚子沖から奄美大島東方沖あたりにまで及ぶ規模である。M9.3の本震だけを見ても、ずれた断層(プレートの境界面)は南北に約400キロ、東西に約150キロにわたる範囲に及び、ずれた距離(変位)は最大約20メートルという巨大な規模のものであった。, 大津波が発生し、インドネシアのみならず、インド洋沿岸のインド、スリランカ、タイ王国、マレーシア、モルディブ、マダガスカル、ソマリアなど東南アジア全域に加え、東アフリカなどでも被害が発生した。本地震ののち、チリで津波デマによるパニックが起こり1人が死亡したほか、世界各地で新たな地震発生後に津波を警戒して住民が早期に避難したことなどから、この地震が世界中に知れ渡り、人々の心に強く残ったことを示している。, この地震以降、スマトラ島周辺では大きな地震が多発している(詳細は「スマトラ島沖地震」参照)。, 地球シミュレータによる計算結果よりMw=9.1[5]、埋込式体積ひずみ観測結果よりMw=9.1 - 9.2[6]、深部ボアホールひずみ観測結果よりMw=9.2、地球の自由振動の観測結果よりMw=9.1 - 9.3の値が算出されている。, 2008年、日本の産業技術総合研究所とアメリカの地質調査所、豪州地質調査所、ワシントン大学、タイのチュラロンコン大学などにより組織された共同調査隊は、タイ王国南部のインド洋沿岸で地質調査を行い、過去約2500年間の地層中から4層の津波による地層を発見した。この調査結果から、2004年と同様の大津波は数百年に1回発生しており、それぞれ550 - 700年前ごろ、2200 - 2400年前ごろと推定されている[7]。, 900年に、インド南部のベンガル湾に面したタミル・ナードゥ州にインド洋からの大津波が襲来し、修道院・寺院にいる数百人の人々が犠牲になったという記録が、同州の図書館に残っている。また、インドのジャーナリストであるカールキー・クリシュナムルティ (Kalki Krishnamurthy)の小説『Ponniyin Selvan(犠牲の頂点)』にも同様の記述がある[8][9]。, インドの研究者は、インドの東海岸に位置する7 - 12世紀の考古学遺跡から発見された津波堆積物が900年ごろに大津波があったことを示しており、2004年と同規模の超巨大地震は周期性があると推測している[10]。同調査によれば、インド東岸に被害をもたらしたインド洋からの大津波は、過去2000年間で900年ごろと2004年のものが判明している。, 統計数理研究所の解析によれば、スマトラ・アンダマン地域での1973年以降の地震を調査したところ、2000年7月(M9.1の約4年半前)から同地域の地震活動が活発化していた。しかし、日本の東北地方太平洋沖地震の例では地震前に静穏化傾向が示されており、なぜ「活発化」であったのかは不明である[11]。, スマトラ島の西方約160キロ、深さ10キロで発生した地震はマグニチュード9.3の巨大なもので、1960年に発生したチリ地震のマグニチュード9.5に次ぐ超巨大地震であった。震源はスンダ海溝に位置し、インド・オーストラリアプレートがユーラシアプレートの下に沈み込むことによる海溝型地震の多発地帯の中にあった。これにより、ビルマ・マイクロプレートの歪みが一気に開放された。, この地震の破壊開始点は震源域の南端にあたる北緯3.298度、東経95.779度付近で、海洋研究開発機構らの解析により、大きく分けて3段階で進行したことが分かった[12]。第一段階は、南側のスマトラ島沖(スマトラセグメント)が断層長さ420キロ×幅240キロ(平均5 - 20メートルのずれ量)、次いで中央部の(ニコバルセグメント)が断層長さ320キロ×幅170キロ(同5メートル)、さらに北側(アンダマンセグメント)が断層長さ570キロ×幅160キロ(同2メートル以下)ずれた。全体として長さ1,200 - 1,300キロの震源域であり、余震域にほぼ一致する。, 断層のずれは逆断層型で、断層面が平行に近い衝上断層と見られている。地震発生時、沈み込むインド・オーストラリアプレートに対して、上にあるユーラシアプレートの海溝に近い西側の帯域が隆起、海溝から少し離れた東側の帯域が沈降したことによって、震源域より西側のスリランカやアフリカなどでは初めに押し波、東側のタイなどでは初めに引き波が押し寄せたと考えられている[13]。, この隆起や沈降は、現地調査やGPS観測によるもので、地震の際に大きく変動を起こしたうえ、震源域より北の地域でも数か月間にわたり地殻の変動が続き、橋本学・京都大学大学院教授によるとモーメントマグニチュードの換算でMw8.8 - Mw9.0と見積もられるという[1] (PDF) (余効変動)。アンダマン諸島北西のノースリーフで約1.3メートルの隆起、南東のポートブレアで約0.95メートルの沈降を観測するなどし、海岸線が移動、隆起した地域ではサンゴが死滅するなどした[14]。, 地震動(地震の揺れ)は震源の南端では3分ほど、インドネシアのバンダ・アチェなど少し離れたところでは6 - 7分続いた。バンダ・アチェの揺れは、気象庁震度階級では震度5強から6弱程度の強い揺れで、しかもその揺れが6 - 7分も続いたことで、住民に強い恐怖感を与えた。, 遠いところではバングラデシュ、インド、スリランカ、マレーシア、ミャンマー、シンガポール、タイ、モルディブまで伝わったほか、日本では防災科学技術研究所の広帯域地震観測網(F-net)で表面波(レイリー波の鉛直成分)のうち周期200 - 330秒の超長周期地震動として観測された。北海道大学によると秒速約4キロ、時速約1万4,400キロ(空気中のマッハ11前後に相当)で、地球を少なくとも5周(約3時間で地球を一周)しており、13周した可能性もあるとみられている[15]。, 以下の表は、アメリカ合衆国地質調査所(USGS)が観測した本震と以後の余震の一部である(資料元:USGS)。, 1797年、1833年、1861年 - 2000年 - 2004年 - 2005年 - 2007年 - 2009年 - 2010年4月 - 2010年5月 - 2010年10月 - 2012年1月 - 2012年4月, ロンボク島地震 (2018年7月) - ロンボク島地震 (2018年8月5日) - ロンボク島地震 (2018年8月19日) - ロンボク島地震 (2019年3月), ジャワ海溝 - ビルマプレート - インド・オーストラリアプレート - スンダプレート - スマトラ断層, スマトラ島沖地震 (2004年)のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, “Rupture Process of the 2004 Sumatra-Andaman Earthquake”, https://science.sciencemag.org/content/308/5725/1133, Magnitude 9.1 - OFF THE WEST COAST OF NORTHERN SUMATRA, 衛星SAR画像分析による 2004・2005 年スマトラ沖地震に伴う隆起沈降域の把握. The epicenter was located west off Sumatra Island, but the aftershocks extended [皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。. 2005年12月26日に発生したスマトラ島沖地震はマグニチュード9の巨大地震で, 大津波が発生し,インドネシアをはじめインド洋沿岸諸国に死者・行方不明者 233,000名に及ぶ,津波災害史上最大の被害となった.この地震の最重要教訓は,地 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); つくづく「自然災害の時代だな」と実感します。たとえば、今日は地震についての記事を書こうとしているのですけれど、それを書こうとしている日本が今置かれている状況としては、, ・「非常に強い」大型台風25年ぶり上陸か 本州縦断恐れ (朝日新聞デジタル 2018/09/30), 普通に考えれば、あるいは、すでに台風24号が通過した沖縄の今の被害を見れば、九州から北海道にいたるまでの日本列島において「被害が全然ない」ということは、考えがたい状況です。, しかも、本日、日本列島を縦断する台風 24号の「次の台風」である台風 25号が発生していまして、進路についてはまだ何ともいえないとはいえ、台風24号と同じよう進路を辿る可能性が高い場所に存在しています。, もし、同じようなコースを辿った場合は、日本は、数日空けて「連続」で台風の強襲にさらされることになりそうです。, 台風にしても「度重なる」という言葉が当てはまる苛酷な状況が続きそうですが、この同じ時期に、アメリカにはハリケーンが接近しており、また、地中海でもハリケーン並みの暴風雨が発生して、同じこの時にギリシャを直撃しています。, https://earthreview.net/new-type-of-storm-medicane-hit-greece/, 10月に入ろうとしてるのに、悪天候が世界各地でおさまらない中で、国内も台風の報道が多くなっていくと思いますけれど、9月28日にインドネシアのスラウェシ島で発生した大地震は「顕著な意味」を持っていそうでして、今回はそのことについて記させていただきます。, 冒頭のアメリカのワシントンポストの報道にありますように、インドネシア当局は、この地震による死亡者数が、, もし、その通りになるとすると、津波を伴う地震による被害としては、 2011年の日本大震災以来の規模となる可能性があります。, 現時点(9月30日午後)で、すでに 800人以上の死亡者が確認されていますが、「まったく状況がわかっていない場所があまりにも多い」ようなのです。, 今回の話では合理的な観点ではない部分も入るかもしれないですが、「地震の時代である今」と、そして「まだしばらく続くこの時代」について考えました。, まずは、インドネシアのこの地震の状況について、冒頭の米国ワシントンポストの記事を短くご紹介します。, なお、震源地はスラウェシ島のドンガラという場所で、現時点で最も犠牲者が多く出ているのは、その近くのパルという観光地です。, ドンガラを含めて、他の地域は「アクセス不能」の上に「通信が途絶えていて」どのような状況になっているのかわからないそうです。, なお、本記事では、津波の高さを 3メートルとしていますが、アメリカ地質調査所は「津波の高さは 7.5メートルだった」と発表しています。死者数は 9月29日時点のものです。, Death toll in Indonesia from earthquake and tsunami could reach into the thousands, nation’s vice president says Geological Surveyより。, [FORECAST – データ解析による地震予測の合同会社イイチロ] 2020/08/05 06:48, [FORECAST – データ解析による地震予測の合同会社イイチロ] 2020/07/26 22:44, [FORECAST – データ解析による地震予測の合同会社イイチロ] 2020/07/21 19:51, [FORECAST – データ解析による地震予測の合同会社イイチロ] 2020/07/17 13:42, [FORECAST – データ解析による地震予測の合同会社イイチロ] 2020/07/15 09:49, インドネシアのモルッカ海でM5.3、同日のM6クラス地震から約600km東側の震源, 10月27日の全国震源・方面別地震数概況~前日比62回減の622回、島根県西部が12回. 2004年12月、インドネシア西部のスマトラ沖でのマグニチュード 9.1の大地震により、十数カ国で2 3万人が死亡した。 ここまでです。 今の時点(9月30日の午後)までに報じられている死者数は 800人ですが、これは「一握りに過ぎない」考えられています。 USGSによると日本時間2020年10月19日18:38にインドネシア・スマトラ島沖でM5.1の地震が発生した。スマトラ島西沖では今回の震源から南側で10月19日に3回のM5超え地震が起きていた。, 日本時間2020年10月19日18:38 M5.1 インドネシア(深さ約13km), インドネシア・スマトラ島西沖ではM5を超える規模の地震が相次いでおり、10月19日に既に3回発生していた。今回は4回目。震源の位置はこれまでの3回がいずれも700km程度南側であった。, また今回の地震の4分後にも再び南側でM5.1の地震が起きたことから、これまでのM5以上地震は計5回となる。, 今回の震源から距離100km以内と比較的近い位置では海外時間(UTC)2020年04月06日にインドネシアでM5.0の地震が今回の震源からは約60km離れた場所で起きており、2004年12月26日には約53kmの距離でM9.1のスマトラ島沖地震が記録されている。, 今回の震源付近で過去に発生した同規模・同程度の深さの地震16事例のうち、その後1ヶ月以内にインドネシアを含むアジアでM7クラス以上の地震が起きていたのは16事例中11例であった。, M7クラス以上地震の発生数は20世紀以降にアジアで発生してきたM7クラス以上の平均発生頻度を1とした場合1.1に相当し、今回の震源付近で同程度の地震が起きた場合、アジアへの繋がりは通常程度と言える。, 同様に過去のM7クラス以上地震の平均発生頻度を1とした場合のインド洋における繋がりは16事例中1例で平均発生頻度1に対し1.2とやや多いと言える。, 日本においては、今回の震源付近で起きてきた過去の16事例中、1ヶ月以内に日本でM7クラス以上の地震を記録していたのは16事例中3例であった。これは通常時の1に対し0.8で通常程度と言える。, インドネシアにおける最近の地震発生状況は、過去1ヶ月間で記録されたM4.5以上の地震発生数が47回。2019年にインドネシアの1ヶ月当たり平均発生数は62.5回であったことから、現状は前年に比べ地震の回数がやや少ないと言える状態である。, インドネシアでは2019年にM6.0以上の地震が17回発生、そのうちM7.0以上の大地震は3回であった。, 2019年にインドネシアで記録された地震を規模順にランキングするとこのようになる。 2019年06月24日 M7.3 インドネシア(深さ約212km) 2019年07月14日 M7.2 インドネシア(深さ約19km) 2019年11月14日 M7.1 インドネシア(深さ約33km) 2019年07月07日 M6.9 インドネシア(深さ約35km) 2019年08月02日 M6.9 インドネシア(深さ約49km) ※海外時間(UTC), インドネシアでは2020年にこれまでM6.0以上の規模の地震が12回起きているがM7.0以上の大地震は発生していない。, 2020年にインドネシアで発生した地震を規模の大きい順に抽出するとこのようになる。 2020年08月18日 M6.9 インドネシア(深さ約26km) 2020年08月21日 M6.9 インドネシア(深さ約627km) 2020年05月06日 M6.8 インドネシア(深さ約107km) 2020年08月18日 M6.8 インドネシア(深さ約22km) 2020年07月06日 M6.6 インドネシア(深さ約534km), 1901年以降、インドネシアで発生してきたM6.0以上の地震は1,193回でそのうちM7.0以上であったのが158回。20世紀以降、過去最大だったのは2004年12月26日のM9.1で深さは約30kmであった。, インドネシアで過去に記録されてきたM6.0以上の地震を規模順に並べるとこのようになる。 2004年12月26日 M9.1 インドネシア(深さ約30km) 2005年03月28日 M8.6 インドネシア(深さ約30km) 2012年04月11日 M8.6 インドネシア(深さ約20km) 1938年02月01日 M8.5 インドネシア(深さ約25km) 2007年09月12日 M8.4 インドネシア(深さ約34km) ※海外時間(UTC), また今回の震源から約100km以内でこれまでに発生したM6.5以上のM7クラス地震を距離の近い順に並べると2002年11月02日にインドネシアでM7.4の地震が約24kmの距離(深さ30km)で起きていた他、2008年02月20日にインドネシアでM7.4の地震が約38kmの距離(深さ26km)で起きていた。, 同じ条件、今回の震源から約100km以内で記録されてきた地震を規模順にすると最大だったのは2004年12月26日に53kmの距離で発生したインドネシア M9.1(深さ30km)であった。(時刻は海外時間(UTC)), 当社が開発・運用している地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」によると、世界・海外(日本を含む)で2ヶ月以内にM6.5以上・M7クラス以上地震が発生する可能性のある予測はアジアなど方面別予測が現在642予測。またインドネシアなど震源地別予測が現在3,050予測となっている。, 方面別予測において現在、計642予測中、Aクラスは30予測、Bクラスは138予測、Cクラスは474予測。このうちアジアに対してはAクラス予測が14予測、Bクラス予測が42予測、Cクラス予測が0予測となっている。, また震源地予測では現在、計3,050予測中、Aクラスが30予測、Bクラスが188予測、Cクラスが2,832予測となっており、このうちインドネシアに対してはAクラスが16予測、Bクラスが39予測、Cクラスが2予測となっている。, 通常時との比較ではアジアの現在の危険度は100%以上、インドネシアの危険度は150%以上となっている。, 今回のインドネシアM5.1の震源周辺で過去に同程度の規模・深さ・位置で発生してきた16件の事例についてその後1ヶ月の間に発生していたM6.5(M7クラス)以上の地震の傾向性については以下の通りだった。, インドネシアを含むアジアで今回の地震と類似の事例以降、1ヶ月以内にM7クラス以上の地震へと繋がっていたケースは16事例中11例であった。, アジアで今回の震源付近における同規模・同程度の深さで地震が起きた際、その後M7クラス以上が起きていた震源と事例数(上位10ヶ国・地域)。, インドネシア 16事例中4例 フィリピン 16事例中4例 日本 16事例中3例 台湾 16事例中2例 セレベス海 16事例中1例 中国 16事例中1例 ミクロネシア 16事例中1例, それ以外ではインド洋で今回の地震と類似の事例以降、1ヶ月以内にM7クラス以上の地震へと繋がっていたケースが16事例中1例であった。, 過去のM7クラス以上地震の平均発生頻度を1とした場合のインド洋における繋がりは16事例中1例で平均発生頻度1に対し1.2とやや多いと言える。, インド洋で今回の震源付近における同規模・同程度の深さで地震が起きた際、その後M7クラス以上が起きていた震源と事例数。, また、今回のインドネシアにおける地震の過去事例以降、1ヶ月以内に日本国内でM7クラスが起きていたのは16事例中3例であった。, 日本においては過去の発生頻度との比較で1ヶ月以内にM7クラス以上の地震が発生していたのは通常時の1に対し0.8で通常程度という結果であった。, 日本においてM6.5以上のM7クラスが1ヶ月以内に起きていた事例は以下の通りであった。(M6.5以下はUSGSと気象庁の計測値の違い。詳細不明地震は除く), 1994年12月28日 M7.6・震度6 三陸沖(三陸はるか沖地震) 2004年10月23日 M6.8・震度7 新潟県中越地方(新潟県中越地震) 2005年01月19日 M6.8・震度1 関東東方沖, ※本文に記載の情報は速報値に基づいており、その後情報が更新される場合があります。最新の情報は関係機関にてご確認下さい。 ※記事及びデータの使用はご遠慮下さい。当社のポリシーは「無断転載禁止」をご覧下さい。 ※「EDAS2.0シリーズ」の地震予測については地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の地震予測ページをご覧下さい。 ※この記事は合同会社イイチロの地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の記事自動制作支援システムを利用しています。 ※画像はU.S. スマトラ島沖地震 – インドネシア、アチェ(スマトラ島)マグニチュード9.3にも及ぶ巨大地震が発生。 インド洋周辺諸国の海岸地域に大規模な津波被害。死者・行方不明者は外国人観光客を含む22万7898人にも及びました。 背景. USGSによると日本時間2020年10月19日18:38にインドネシア・スマトラ島沖でM5.1の地震が発生した。スマトラ島西沖では今回の震源から南側で10月19日に3回のM5超え地震が起きていた。, 日本時間2020年10月19日18:38 M5.1 インドネシア(深さ約13km), インドネシア・スマトラ島西沖ではM5を超える規模の地震が相次いでおり、10月19日に既に3回発生していた。今回は4回目。震源の位置はこれまでの3回がいずれも700km程度南側であった。, また今回の地震の4分後にも再び南側でM5.1の地震が起きたことから、これまでのM5以上地震は計5回となる。, 今回の震源から距離100km以内と比較的近い位置では海外時間(UTC)2020年04月06日にインドネシアでM5.0の地震が今回の震源からは約60km離れた場所で起きており、2004年12月26日には約53kmの距離でM9.1のスマトラ島沖地震が記録されている。, 今回の震源付近で過去に発生した同規模・同程度の深さの地震16事例のうち、その後1ヶ月以内にインドネシアを含むアジアでM7クラス以上の地震が起きていたのは16事例中11例であった。, M7クラス以上地震の発生数は20世紀以降にアジアで発生してきたM7クラス以上の平均発生頻度を1とした場合1.1に相当し、今回の震源付近で同程度の地震が起きた場合、アジアへの繋がりは通常程度と言える。, 同様に過去のM7クラス以上地震の平均発生頻度を1とした場合のインド洋における繋がりは16事例中1例で平均発生頻度1に対し1.2とやや多いと言える。, 日本においては、今回の震源付近で起きてきた過去の16事例中、1ヶ月以内に日本でM7クラス以上の地震を記録していたのは16事例中3例であった。これは通常時の1に対し0.8で通常程度と言える。, インドネシアにおける最近の地震発生状況は、過去1ヶ月間で記録されたM4.5以上の地震発生数が47回。2019年にインドネシアの1ヶ月当たり平均発生数は62.5回であったことから、現状は前年に比べ地震の回数がやや少ないと言える状態である。, インドネシアでは2019年にM6.0以上の地震が17回発生、そのうちM7.0以上の大地震は3回であった。, 2019年にインドネシアで記録された地震を規模順にランキングするとこのようになる。 2019年06月24日 M7.3 インドネシア(深さ約212km) 2019年07月14日 M7.2 インドネシア(深さ約19km) 2019年11月14日 M7.1 インドネシア(深さ約33km) 2019年07月07日 M6.9 インドネシア(深さ約35km) 2019年08月02日 M6.9 インドネシア(深さ約49km) ※海外時間(UTC), インドネシアでは2020年にこれまでM6.0以上の規模の地震が12回起きているがM7.0以上の大地震は発生していない。, 2020年にインドネシアで発生した地震を規模の大きい順に抽出するとこのようになる。 2020年08月18日 M6.9 インドネシア(深さ約26km) 2020年08月21日 M6.9 インドネシア(深さ約627km) 2020年05月06日 M6.8 インドネシア(深さ約107km) 2020年08月18日 M6.8 インドネシア(深さ約22km) 2020年07月06日 M6.6 インドネシア(深さ約534km), 1901年以降、インドネシアで発生してきたM6.0以上の地震は1,193回でそのうちM7.0以上であったのが158回。20世紀以降、過去最大だったのは2004年12月26日のM9.1で深さは約30kmであった。, インドネシアで過去に記録されてきたM6.0以上の地震を規模順に並べるとこのようになる。 2004年12月26日 M9.1 インドネシア(深さ約30km) 2005年03月28日 M8.6 インドネシア(深さ約30km) 2012年04月11日 M8.6 インドネシア(深さ約20km) 1938年02月01日 M8.5 インドネシア(深さ約25km) 2007年09月12日 M8.4 インドネシア(深さ約34km) ※海外時間(UTC), また今回の震源から約100km以内でこれまでに発生したM6.5以上のM7クラス地震を距離の近い順に並べると2002年11月02日にインドネシアでM7.4の地震が約24kmの距離(深さ30km)で起きていた他、2008年02月20日にインドネシアでM7.4の地震が約38kmの距離(深さ26km)で起きていた。, 同じ条件、今回の震源から約100km以内で記録されてきた地震を規模順にすると最大だったのは2004年12月26日に53kmの距離で発生したインドネシア M9.1(深さ30km)であった。(時刻は海外時間(UTC)), 当社が開発・運用している地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」によると、世界・海外(日本を含む)で2ヶ月以内にM6.5以上・M7クラス以上地震が発生する可能性のある予測はアジアなど方面別予測が現在642予測。またインドネシアなど震源地別予測が現在3,050予測となっている。, 方面別予測において現在、計642予測中、Aクラスは30予測、Bクラスは138予測、Cクラスは474予測。このうちアジアに対してはAクラス予測が14予測、Bクラス予測が42予測、Cクラス予測が0予測となっている。, また震源地予測では現在、計3,050予測中、Aクラスが30予測、Bクラスが188予測、Cクラスが2,832予測となっており、このうちインドネシアに対してはAクラスが16予測、Bクラスが39予測、Cクラスが2予測となっている。, 通常時との比較ではアジアの現在の危険度は100%以上、インドネシアの危険度は150%以上となっている。, 今回のインドネシアM5.1の震源周辺で過去に同程度の規模・深さ・位置で発生してきた16件の事例についてその後1ヶ月の間に発生していたM6.5(M7クラス)以上の地震の傾向性については以下の通りだった。, インドネシアを含むアジアで今回の地震と類似の事例以降、1ヶ月以内にM7クラス以上の地震へと繋がっていたケースは16事例中11例であった。, アジアで今回の震源付近における同規模・同程度の深さで地震が起きた際、その後M7クラス以上が起きていた震源と事例数(上位10ヶ国・地域)。, インドネシア 16事例中4例 フィリピン 16事例中4例 日本 16事例中3例 台湾 16事例中2例 セレベス海 16事例中1例 中国 16事例中1例 ミクロネシア 16事例中1例, それ以外ではインド洋で今回の地震と類似の事例以降、1ヶ月以内にM7クラス以上の地震へと繋がっていたケースが16事例中1例であった。, 過去のM7クラス以上地震の平均発生頻度を1とした場合のインド洋における繋がりは16事例中1例で平均発生頻度1に対し1.2とやや多いと言える。, インド洋で今回の震源付近における同規模・同程度の深さで地震が起きた際、その後M7クラス以上が起きていた震源と事例数。, また、今回のインドネシアにおける地震の過去事例以降、1ヶ月以内に日本国内でM7クラスが起きていたのは16事例中3例であった。, 日本においては過去の発生頻度との比較で1ヶ月以内にM7クラス以上の地震が発生していたのは通常時の1に対し0.8で通常程度という結果であった。, 日本においてM6.5以上のM7クラスが1ヶ月以内に起きていた事例は以下の通りであった。(M6.5以下はUSGSと気象庁の計測値の違い。詳細不明地震は除く), 1994年12月28日 M7.6・震度6 三陸沖(三陸はるか沖地震) 2004年10月23日 M6.8・震度7 新潟県中越地方(新潟県中越地震) 2005年01月19日 M6.8・震度1 関東東方沖, ※本文に記載の情報は速報値に基づいており、その後情報が更新される場合があります。最新の情報は関係機関にてご確認下さい。 ※記事及びデータの使用はご遠慮下さい。当社のポリシーは「無断転載禁止」をご覧下さい。 ※「EDAS2.0シリーズ」の地震予測については地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の地震予測ページをご覧下さい。 ※この記事は合同会社イイチロの地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の記事自動制作支援システムを利用しています。 ※画像はU.S. インドネシア、パプア州で地震 マグニチュード 7.4を記録。死者37人以上。 ・同年12月26日. washingtonpost.com 2018/09/29, 今年、ロンボク島で 500名以上の犠牲者を出した地震が続いたインドネシアで、マグニチュード 7.5の新たな大地震が発生した。, 当局は、地震発生後から、わずか 34分後に津波警報を発令したが、当局の予想しなかったことに、その 3メートルの津波は、スラウェシ島の内湾にある都市パルを襲った。, この時、パルのビーチでは、観光客たちによる夕暮れのビーチフェスティバルの準備が進められていた。津波が後退した後、海へと引きずられた人たちが多数いたと見られる。, インドネシアの副大統領は、地元のメディアとのインタビューで、死亡者数は数千人に達する可能性があると述べた。, インドネシア国家防災庁の広報担当者は、「ビーチでの捜索活動はまだ始まっていません」と述べ、数百人以上が津波の被害場所でビーチパーティーに集まっていたと語った。捜索が進むにつれて、死者数は「引き続き上昇するだろう」と語った。, 震源に最も近い都市ドンガラは、激しい被害を受けていると考えられるが、街に通じる主要な橋が倒壊し、現地に向かうことができない。また、通信も遮断されており、状況はまったくわかっていない。, インドネシアの赤十字は、「パルでの被害についての情報もまだ限られたものしかありませんが、ドンガラについては、まったく何も情報がありません。ドンガラには 30万人以上の人が住んでおり、安否が非常に懸念されます」と声明で述べた。, インドネシアのカトリック救済サービスのマネージャーは、パルとドンガラへの交通のアクセスが非常に問題だという。, 空港が閉鎖されているため、10時間から 12時間かけて陸路で現地に行くしかない。そのため、本格的な支援が始まるのには時間がかかるだろうと述べている。, インドネシアは「環太平洋火山帯」という太平洋盆地の、火山と断層線の円弧上の上に位置しており、この地帯は地震が発生しやすい。, 2004年12月、インドネシア西部のスマトラ沖でのマグニチュード 9.1の大地震により、十数カ国で2 3万人が死亡した。, 今の時点(9月30日の午後)までに報じられている死者数は 800人ですが、これは「一握りに過ぎない」考えられています。, ワシントンポストの報道にもありますように、観光客など数百人が集まっておこなわれていたビーチパーティに参加していた人たちの安否もわからないようですし、何より、ドンガラを含め、「完全にアクセスが遮断されている」場所があるということで、そのような状況のために、インドネシアの大統領は 29日の時点で、「死者が数千人に達する可能性がある」と早い段階で言ったのだと思われます。, 現時点までに報道や SNS などを含めて公開されている写真を見ただけで、この地震と津波が決して小さなものではなかったことがうかがえます。, 今年の 4月に「 21世紀になって、地球の地震の様相がそれ以前とは変わった」ということについて以下の記事で取りあげたことがありました。, 地震と火山の噴火においては「21世紀の地球は明らかに20世紀と違う」ことが明らかになってきた今、環太平洋火山帯の今後をどう考えるべきなのか, たとえば、21世紀に入ってから、「特に大きな地震が飛躍的に増えた」ということは言えそうで、超巨大地震(M8以上)はともかくとして、マグニチュード 6から 7の地震が 21世紀になってから、激しく増加しています。, ・Increase of Earthquakes in the last decade, 下のグラフは、地震数ではなく「被害の推移」ですが、21世紀の地震被害の突出ぶりがおわかりになると思います。, これを見ますと、 21世紀の地震による被害は、20世紀と比較すると「桁違い」だという感じになっていることがおわかりになると思います。, しかし、21世紀に入ってからも 2004年までは大きな人的被害が発生するような地震は世界のどこでも起きていませんでした。, ・2004年12月26日 インドネシア・スマトラ島沖地震 - M 9.3 / 死者・行方不明者 22万 7,898人, ・2005年3月28日 インドネシア・スマトラ島沖地震 - M 8.6 死者 2,000人, ・2006年5月27日 インドネシア・ジャワ島中部地震 - M 6.2 死者 5,000人以上, ・2006年7月17日 インドネシア・ジャワ島南西沖地震 - M 7.7 死者 500人以上, ・2009年9月30日 インドネシア・スマトラ島沖地震 - M 7.5 死者 1,100人以上, ・2010年10月25日 インドネシア・スマトラ島沖地震 - M 7.7 死者400人以上, ・2011年3月11日 東日本大震災 - M 9.0 死者・行方不明者約 2万 4000人, 今は、21世紀に入ってまだ 18年目ですが、インドネシアにおいては、今回の地震が起きる以前に、「 21世紀の地震の死者数が、すでに20世紀全体の地震の死亡者数を超えた」と伝えられています。, 日本も実は、1923年の関東大震災(死者 約 10万5000人)を除けば、21世紀の地震での犠牲者数は 21世紀全体を超えていると思われます(大ざっぱな計算では 20世紀全体の日本での地震による死者数は約 2万人。21世紀は東日本大震災だけでそれを超えているため)。, いろいろと合理的に理由をつけてみようとしても、とにもかくにも、これはすごいことだと思います。, ……気象は荒れる、気温もカオス、そして地震と噴火も絶え間ない……という状態を何となく私たちはクリアとながら生きていますが、過去から見ますと、今はどうやら「とんでもない時代」でありそうなのです。, そして、2004年のインドネシアの巨大地震から始まった「短い期間での巨大地震のサイクル」の間隔は「さらに狭まってきている」と感じています。, これに関しては、それほど具体的な根拠があるわけではないので、あまり詳しく書けませんけれど…。, 2004年のスマトラ沖大地震から東日本大震災までの期間は、約 6年3ヵ月ほどでした。しかし、今回のインドネシアの地震の報にふれ、巨大地震と巨大地震の間隔がさらに狭まっているのかもしれないと漠然と感じます。, 今の日本は、たとえば、わりと少し前の台風 21号では関西空港が機能停止となり、北海道の地震では、現代文明の根幹である「電気」がブラックアウトにより、全面的に使用できなくなりました。, これが巨大津波や巨大洪水となると、文明への攻撃性と破壊性はものすごいものがあります。, そのような「人間の文明を根本的に攻撃してくる自然の脅威」が、あまりにも短い間隔で頻繁に起き続けている。, 私たち人間は、そういう状況にわりとすぐ慣れたり対応したりしていくために、何となく忘れがちですが、はっきりいえば、, これが来年、そして次の年と、仮に「さらにこれらの自然の脅威が増大していくとしたら」と考えますと、どこかの時点で、私たちの文明維持に問題が出て来る局面も出てくるのかもしれません。, さらに、数年から十数年も経てば、「ミニ氷河期」というような問題も現実化してくるかとも思いますし、どうなっていっちゃうんだろうなあと考えます。, 私のところには夜中に台風 24号が来るらしいですので、今からベランダの植物等を整理しようかと思います。, -2018年からの世界, 人類の未来, 拡大する自然災害

アサシンクリードオデッセイ 課金, Which の意味, Ir資料 ランキング, アヴリル 意味, ハイトーンボイス 歌手 海外, スクラッチ 種類, 大塚製薬 株価 10年, ハーマンミラー イームズ 座り心地, スマトク割 終了, ソファベッド おすすめ 一人暮らし, 宝くじ ドコモ払い ポイント, Au Simロック解除 Docomo, 1ヤード 何センチ, カリモク ショールーム 多摩, 103マイル 何キロ, 薄桜鬼 ミュージカル 鈴木拡樹, キンキーブーツ 再演 チケット, ウォン/円レート 予想, キンキーブーツ あらすじ 簡単, 1人掛けソファ 激安, 大塚家具 本社 アクセス, オードリー なんj, ウィッチャー3 シリ 女帝, ヤマダセレクト 洗濯機 評判, Iphone Se 第一世代, 伊藤竜馬使用 ラケット, Iphone ワイヤレス充電器 おすすめ, シモンズ マットレス シングル おすすめ, エレン 巨人化 骨, ローソファー 人気, 津田健次郎 ファッション, はじめしゃちょー 頭いい, 無印 テーブルベンチ 中古, アサシンクリードオデッセイ 戦闘招集 できない, 埼玉 照明, 五木ひろし 演歌っていいね, 家具 高い, 洋楽 歌唱力 2ch, 東芝 給料明細, エマは外見だけでなく性格も母親に似ている 英語, Ps5 予約開始日, オクトパストラベラー リンデ 強化, ワークマン レインウェア 自転車, レシート ゾロ目 1111, ワークマン レインウェア バイク, Ps5 レイトレーシング マイクラ, 宝くじ 縦バラ 売り場 千葉, ナフコ ベッド 分解, Aupayカード 審査, 石井祥平 神奈川, みんな空の下 朝ドラ, ペナン島 夜,