リップル先生のところに、

シュール・デコールと絵付けを習いに行っていますが、

最近は絵付けの方がちょっと楽しいのです

 

昔からなのですが、

絵を描きたい願望がものすごくあって、

でも自分の努力の方向はずっと文章の方を向いていました。

 

だから、いまさら絵を描き始めるのもどうなのかなと思っていたのですが、

絵付けなら、大人からでも遅くない気がして、

いそいそと習い始めた次第です。

 

「何を描きたいー?」と先生に訊かれ、

ちょっと考えた末に出てきたのが「小花とリボン」。

 

そのキーワードに則って出していただいたデザインが、

このミディアムプレートです。

 

 

絵付けのいいところは、

色が自分で選べるところ。

 

転写紙は決まった色しかないので、

自分の好きな色で自分の好きなものを全部デザインする、

というわけにはいかないのです。

 

少しずつ、絵が描けるようになりますように。

 

小さいころからの夢が、

ほんのちょっとずつ、

かないはじめた気がしています